亀田興毅と大毅の引退の理由は何?将来はデザイナーか実業家か

亀田3兄弟の長男、亀田興毅さんが現役を引退されましたが、後を追うように次男の亀田大毅さんも引退しちゃいましたね。

亀田興毅さんは今後実業家を目指すようですが、大毅さんは一体何に転身されるのでしょう?もしかしてお兄さんと組んで一緒に実業家に参戦されるのかな?

ところで元世界チャンピオンとはいえ、現在の年収は相当厳しいようですよ。

稼ぎの少なくなった旦那は嫁に見捨てられて離婚なんてことはないでしょうね?

三男亀田和毅選手の事も気になりますが、今回は引退してしまったお兄さんたち2人の現在の様子を調べてみたいと思います。

 

ちなみに亀田家の最終兵器と言われる程の高い期待を子供の頃から持っている三男の和毅選手は現在でも現役としてボクサーをされています。

その亀田和毅さんが2017年の3月10日に日本での再起戦を飾り見事に勝利を飾ることが出来ました!試合の場所は東京の後楽園ホールで相手はタイ人のマイク・タワッチャイ選手です。

 

試合はノンタイトル10回戦となっていて結果は3-0の判定ながらも見事に勝ちを収めることに成功しています。

出典:pinky-media.jp

引退の理由は何?

良くも悪くもボクシング界を賑わしてくれた亀田3兄弟。

その言動などで中傷なども受けましたが、少なくとも亀田興毅選手は日本人初の3階級制覇を成し遂げたプロボクサーでした。

その亀田興毅選手は、4階級制覇を目指して2015年10月16日、アメリカ合衆国のシカゴUICパビリオンでWBA世界スーパーフライ級チャンピオンの河野公平選手に挑戦。

しかし結果は0-3の判定で敗れてチャンピオンベルトを巻くことは出来ませんでしたね。

結果的にこの敗戦で亀田興毅選手は現役引退を決意され、あっさりとボクシングを辞めちゃいました。

 

確かに引き際は良かったですが、あの興毅選手にしてはあっけない幕切れだったようにも思えましたね。

一方、自称『浪速乃弁慶』次男の亀田大毅さんは結婚をされましたが2015年の11月4日にお兄さんの亀田興毅さんの後を追うように現役を引退してしまいました。

大毅さんの引退理由は左目の網膜剥離で、視力は0.1だったようです。

 

しかも3度も左目の手術をしていたようで、それでもそこまでしか視力が回復しなかったようなので、相当重症だったみたいですね。

大毅さんの場合は、2015年9月6日にアメリカのテキサス州で行ったビクトル・ルイス選手とのバンタム級8回戦が、事実上の引退試合でした。

 

期せずしてほぼ同時にプロボクサーとしての現役を引退してしまった亀田兄弟ですが、お兄さんの興毅さんは今後実業家を目指すようですよ。

 

 

ディーンフジオカの本名や結婚相手は?演技の才能も!↓

ディーンフジオカの本名や結婚相手は?演技の才能も!

 

 

事業に大毅さんも参戦?

亀田興毅さんは、現役引退後しばらくは自由人を楽しむようです!その一方でデザイナーを目指したいとも言っていましたよ。

あの亀田興毅選手がデザイナーって、あまりイメージが湧かないのですが、DAIGOさん御用達の「ローリー・ロドキン」や「クロムハーツ」なんかを想像しちゃいます(笑)

更に将来の夢は実業家なんだそうです!

今は自由人でしっかりと充電期間に充てて、その間に自分のオリジナルデザインを溜め、将来はデザイナーとして起業されるのでしょうか?

でも最終目標はやっぱりボクシングで、もっとアジアのボクシングを活性化させたいようです。

 

実業家としてのビジネスも、そのボクシングの底上げのための資金調達手段なのかも知れません。

やっぱり蛙の子は蛙なんですね~

では兄を追うように引退してしまった弟の大毅さんは、今後何をするつもりなのでしょう?

 

現役時代にボクシングでいくら稼ぎ、どのくらい貯蓄があるのかは分かりませんが、一生遊んで暮らせるほどは儲かっていないんじゃあないのかな?

となると嫁に逃げられないうちに次の仕事を探さないと(笑)

 

大毅さんもやはりしばらくは自由人を決め込むようで、お嫁さんと一緒に世界各地を巡る旅に出るようです。

でも、大毅さんが以前に語っていた夢はイラストレーターでした。兄はデザイナー、弟はイラストレーター。ふたりとも現役時代の姿や言動からは想像もできませんが、兄弟揃ってデザインに興味があったんですね。

 

ということは共通点も多そうじゃないですか!

 

意外に興毅さんが立ち上げた事業に、大毅さんも実業家として参戦し、共同経営なんてこともあるかもしれませんね。

もっとも、元ボクサーなので敢えて参戦なんて言葉を使ってみましたが、ビジネスで兄弟バトルは止めて仲良く協力して実業家を目指して欲しいですけどね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ