西野カナ囲み取材であり得ないわがまま!結婚式BGM人気No.1の謎!

若い女性を中心に人気を集めていると言われているシンガーの西野カナさん。

その人気の秘密は、若い女性が共感出来る「一般女性目線」の歌詞になると言われています。

ですが、そんな西野さんがとんだ大物芸能人振りを発揮して批判を浴びてしまいました。

今回は西野カナ囲み取材であり得ないわがまま!結婚式BGM人気No.1の謎!などの情報をお届けしていきます。

西野カナ囲み取材であり得ないわがまま!

出典:www.youtube.com/

西野カナさんと言えば、若い女性に共感を呼ぶ歌詞で人気のシンガーです。

デビュー当初こそ、「どの歌詞も同じ」と酷評されていましたが、消えかかっていたギリギリで踏み止まり、需要が高まってきているようです。

そんな西野さんが「2016年度ISUMブライダルミュージックアワード」で最も人気の高かったアーティストとして登場しました。

その舞台で、西野さんは表彰を受ける他、ミニライブ、トークショー、囲み取材などに応じることになっていました。

出典:http://jinfo.jp/

しかし、イベントの囲み取材にあたって事前に主催者側から前代未聞の要請があったと言います。

主催者であるISUMからは、注意事項として「リポーター様同伴取材はご遠慮下さい(囲み取材含む)」とあり、報道関係者は一様に驚いたそうです。

そもそも囲み取材をするのに、リポーター不在と言う事はあり得ず、関係者は「それなら囲み取材を受けなければいい」と不満と怒りの声が上がりました。

西野さん側が恐れたのは昨年2016年にスクープされた、担当マネージャーとの半同棲熱愛についての質問だと見られています。

出典:www.youtube.com/

特に今回の囲み取材では、結婚式関連のイベントだけに「結婚関係」や「恋愛関係」の質問は当然飛び交うので、それに乗じてプライベートに踏み込まれる事を避けたかったのでしょう。

しかし、西野さんに人気があるとは言っても、取材に関してあれこれ言える程の大物ではありません。

このとんだ大物振りにマスコミは怒りを通り越して、失笑ものだと言います。

ですが、西野さんはバーニングプロダクションの肝入りシンガーと言う事で、報道関係者も要請を受け入れざるを得なかったようです。

出典:http://topicks.jp/

結局、囲み取材は記者達が当たり障りのない質問をするに留まりましたが、西野さん自身が熱愛中のマネージャーの存在を連想させるコメントをしてしまう失態もありました。

質問は理想の男性についてですが西野さんは「器が大きく優しい人」とし、「失敗や忘れ物が多いので受け止めてくれる人が良い」とコメント。

更に「作詞をしている大事なノートパソコンを置き忘れたりするので、いつも周りの方に迷惑をかけています」とマネージャーの存在をにおわせました。

更に、今の恋愛を成就させたいのか「親に結婚を急かされている」、「結婚式のBGMのプレイリストはもう考えている」と結婚したいアピールをする一幕もあったようです。

出典:http://girlschannel.net/

この報道にネットでは・・・・。

・会いたくなったら震えるけどそれを許してくれる人

・優しくないと震えだす

・マネージャー? 

・自分本位と言うことね

・器が大きくて優しい人。これにイケメンと高収入が入るんだけど 

・器が大きいひとが好きって言う女はワガママで我が強い女だよね 

・器の大きな人ってトリセツ通り扱ってくれる人のことなんだろな 

・マネージャーとののろけを聞かされるとは思わなんだ

引用元

ネットではやはり理想の男性のタイプはマネージャーの事を言っていると言われているようです。

西野カナ、結婚式BGM人気No.1の謎!

出典:www.nishinokana.com/

今回、一般社団法人音楽特定利用促進機構、通称ISUMから「今年度の結婚式で最も人気のアーティスト」に選ばれた西野カナさん。

西野さんの楽曲である「トリセツ」や「Dear Bride」などが結婚式のBGMとして人気だったと言います。

しかし、この選考基準には疑問がつきまとっています。

そもそも、個人的に使用する結婚式のBGMに関してどうやって統計をとったのか、統計をとったのなら、どういう対象者、どの程度の数が基準になったのかが明らかになっていません。

出典:https://twitter.com/

楽曲のCD売り上げや、ダウンロード数などは客観的な数値が出てきます。

有線大賞なども、有線側が統計をとっていれば客観的な判断は出来ますね。

しかし、結婚式のBGMに関して各式場が客のBGMの統計をとっているなんてことは考えられません。

「最も人気があった」と言う漠然とした表現では信用に足るものではないのです。

出典:http://www.musicman-net.com/

確かに西野さんの楽曲が結婚式に使う上で人気がないと言う事はないでしょう。

ですが、何を基準に1位なのかは明確にしてくれなければ、やはり事務所に力があるからなどと邪推したくなるものです。

これも結局は1種のタイアップでしかないのかも知れませんね。

まとめ

今回は西野カナ囲み取材であり得ないわがまま!結婚式BGM人気No.1の謎!などの情報をお届けしました。

西野カナさんが、囲み取材で前代未聞の注文を報道関係者に突き付けて、とんだ勘違い大物振りを見せてしまいました。

囲み取材で質問の制限を設けるケースはあっても、リポーターに来るなと言う事は聞いた事が無いと関係者も呆れています。

わがままが通ると言って好き勝手なことをしていると、後ろ盾がなくなった時に悲惨な目に遭うこともあるので考えを改めてくれると良いですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ