高梨沙羅が通っている大学はどこ?実家は母親が焼肉屋を経営!

高梨沙羅選手は2014年の時点でワールドカップでの個人最多勝利数と総合優勝回数がギネス・ワールド・レコーズに認定されている、日本が誇る世界トップクラスの女性ジャンパーです。

2011年の2月にオーストリアのラムサウで開催されたコンチネンタルカップで初優勝しましたが、当時14歳だった高梨選手の優勝記録はFIS(国際スキー連盟)公認の競技大会でマークされた女子選手史上最年少優勝記録でした。

その後2011-2012年シーズンからはノルディックスキージュニア世界選手権で怒涛の3年連続総合優勝を達成するなど、その可愛い顔や小柄な体からは想像もできない素晴らしい成績に世界中の女性ジャンパーを震撼させています。

そんな高梨沙羅選手は2017年の2月に韓国の平昌で行われたノルディックスキージャンプ女子のワールドカップ(W杯)個人第18戦で優勝して今季9勝目でW杯通算勝利を53勝となったことで男子のオーストリアの選手グレゴア・シュリーレンツァウアー選手が持つW杯ジャンプでの歴代最多通算勝利についに並んだという快挙を成し遂げました!

もう既に高梨沙羅選手のプロフィールはご紹介するまでもなくご存知の事とは思いますが、一応おさらいということで簡単にまとめておきますね。

プロフィール

【高梨 沙羅(たかなし さら)】

出身地:北海道上川郡上川町

生年月日:1996年10月8日

年齢:19歳(2015年12月末現在)

身長:152cm

体重:43Kg

血液型:A型

家族構成:父、母、兄、沙羅さんの4人家族

趣味:バレエ、ダンス

学歴:上川町立上川中学校

   グレースマウンテンインターナショナルスクール

   日本体育大学在学中

好きな教科:英語

所属:クラレ

最高飛距離:141m(2011年大倉山にて)

 

通っている大学はどこ?

高梨沙羅選手は文武両道で猛勉強して、飛び入学の形で日本体育大学に入学しています。

しかし高梨選手が通っていた北海道旭川市にある「グレースマウンテンインターナショナルスクール」は幼稚園から高等学校までの一貫教育校ですが、全校生徒25名という至って小規模の学校です。

しかも2013年当時の高校生は高梨沙羅選手ただ一人というちょっと信じられないようなスモールコンパクトの学校だったようです。

そのたった一人の高校生の高梨沙羅選手は海外遠征などが多く、殆ど学校には行ってなかったようですけどね。

高梨沙羅選手のプロフィールでもう一つ驚く点は最高記録の141mをマークしたのが2011年ということですね!

その後ギネス記録に載るほど多くの優勝を重ねている高梨選手が、2011年にマークした飛距離自体は更新していなかったという事実には正直驚いちゃいました。

出典:Naverまとめ

実家は母親が焼肉屋を経営!

高梨沙羅選手のお父さん事件ってご存じですか?

事件って言ってもそんな新聞沙汰になるような悪いことをされた訳じゃないんですよ。

このコーナーではちょっと高梨沙羅選手のご両親の話題について触れてみたいと思います。

実はこのお父さんのちょっと「困ったちゃん」事件は、高梨沙羅選手の名声を利用して、お母さんの経営されている焼肉屋さんを有名にしようとしたお父さんの戦術が、メディアのみなさんにひんしゅくを買ったという事件なんです。

お父さんのお名前は寛也さん。お父さんも元スキージャンプの選手です。

このお父さん、2013年に高梨沙羅選手がスキーのワールドカップで総合優勝を果たし絶好調だった夏のある日、突然お父さんからスキー担当のメディアの方々に緊急の呼び出しがあったそうなんです。

呼びだされた記者のみなさんは何かとくダネ!かもと色めきだって、札幌から遠路はるばる車で3時間も掛けて高梨選手の実家に集合したそうです。

しかもその数30人ということですから、その時の高梨沙羅選手がいかに注目されていたかが分かります。

だって冬のワールドカップを転戦している時ではなくて、この事件があったのは夏なんですから。

メディアの方たちが息せき切って駆けつけると、お父さんいわく

高梨沙羅選手のお母さん(千景さん)がオープンした焼肉屋さんのお披露目パーティーで、メディアの力を使って、この焼肉屋さんを有名にして欲しいというお願いだったそうです。

しかも招待ではなく、きっちりと会費まで集金されたそうです(笑)

この件でお父さんはある意味すっかり有名人になっちゃいましたが、私達も高梨沙羅選手の実家が母親の経営する焼肉屋さんということをこの一件で知ることが出来ました。

 

 

角田信朗が松本人志共演NG騒動で空手界から総スカン!芸能界も見捨てる?!↓

角田信朗が松本人志共演NG騒動で空手界から総スカン!芸能界も見捨てる?!

 

実はこのお母さんの経営されている焼肉屋さんでは、高梨選手にまつわるあるスペシャルメニューも食べられるということです。

高梨選手は現在でも非常に小柄ですが、小さい頃は食が細くてお母さんを心配させていたようです。

そこでお母さんが沙羅ちゃんのために作って食べさせていたというのがニンニクたっぷりの豚肉の生姜焼きや、リンゴやナシを擦りこんだ料理なんだそうです。

これら母親の愛情がこもった沙羅ちゃんスペシャルメニューも、高梨選手の実家の焼肉屋さんに行けば食べられるそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ