ハン・ヒョジュの性格や彼氏の噂って?家族や経歴も!

韓国を代表する国民的正統派女優ハン・ヒョジュさん。

2014年に『嵐』の相葉雅紀さんが主演する犬童一心監督の映画、『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』で、
女優・榮倉奈々さんとダブル主演で日本デビューを果たしました。

 

 

今回はハンヒョジュさんの性格や彼氏の噂、経歴、家族構成や美の秘訣もついて調べてみました!

 

プロフィール

名前:ハン・ヒョジュ
生年月日:1987年2月22日
出生地:韓国 忠清北道清州市
身長:172 cm
血液型:A型
身長:170cm
趣味:映画鑑賞
職業:女優
ジャンル:映画、テレビドラマ
活動期間:2003年-

性格や彼氏の噂って?

ハンヒョジュさん自身が、自分の性格についてこう話しています。

「ハン・ヒョジュはどんな人?演じた人物で一番近い人は?」と聞かれると、その都度違う答えになるかも・・と答えています。

それは、作品を撮る度に、そこに出てくるキャラクターと自分に似ているところがあり、全然かけ離れていると感じたことはほとんどなかったのだとか。

一つの作品を始めると、前後してキャラクターの影響を受けて行動するようになるみたいでそれが自分自分でもあって多重人格だと思うそうです。

役者の方は、その作品が終わると”役抜き”をするためにしばらく休む方もいますよね。役者は、自分の全てをかけてこそ、良い演技ができるのでしょうね・・。

出典:Pinky

 

ハンヒョジュさんは、韓国の20歳以上の男女3005名を対象にインターネット世論調査を実施した結果、嫁として連れてきてほしい俳優1位となりました。

大人気女優の恋のお相手は気になるところですね!

2009年『華麗なる遺産』で共演した俳優のイ・スンギさんとの熱愛の噂されたことがありましたが、2人は大学の同級生ということもあって昔から仲が良いのだとか。

2014年に入り、イ・スンギさんは、かねてから噂のあった『少女時代』のセンター、ユナさんとの交際を認めています。

その後のインタビューでハンヒョジュさんは、もう一度共演したい俳優に、イ・スンギさんを挙げています。

このことから、熱愛は噂だけだった可能性が高いですね。

交際していた事実があれば、共演したい俳優に名前を挙げないですよね・・。

2009年には俳優で実業家でもあるカン・ドハンさんとも熱愛の噂が浮上。

 

二人は知人の紹介で知りあい、恋人へ発展したそうで、ハンヒョジュさんがドラマの撮影で忙しい時でも、カン・ドハンさんが仕事をしている某乗馬場を訪れ、デートを楽しんでいたと芸能関係者によって発覚したそうです。

ハンヒョジュさんの事務所は、ノーコメントだったそうですが、信憑性は高いようです。

 

鈴木伸之の熱愛彼女や歴代彼女の噂とは?在日韓国人って本当?!嫌いって声も!↓

鈴木伸之の熱愛彼女や歴代彼女の噂とは?在日韓国人って本当?!嫌いって声も!

 

経歴は?

2005年に女優デビューし、翌年にユン・ソクホプロデューサーの季節シリーズ完結編『春のワルツ』の主演に大抜擢されています。

当時ドラマや映画活動をしていなかった新人には、この大役がもたらしたものは先例がないほど珍しいことで、業界の驚きは大変なものだったそうです。

ハンヒョジュさんは、”無名時代”というのをほとんど経験せずに有名になっていったということですね!

2009年にはドラマ『華麗なる遺産』で視聴率47.1%という驚異的な記録を出し、演技力を高く評価されています。

2010年、ドラマ『トンイ』でも主演を務め、30%を超える視聴率。

『トンイ』を観て彼女のファンになったという視聴者も多く、このドラマで幅広い年代から支持を得てました。

2011年、日本の芸能事務所『フラーム』とも契約し、日本での活動も開始

そして、2014年『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』で日本映画デビューを果たしました。

ハンヒョジュさんは、『春のワルツ』の撮影時、「新人だから無理だった」と言わせないように、日々演技の練習に没頭し、演じるキャラクターの分析を繰り返したそうです。

この時は、残念ながら期待ほどの高い視聴率はなかったものの、このときの努力が実を結び、その後のドラマで実力を発揮できたのでしょうね。

ハンヒョジュさんは、「かなりの努力家」と言えそうです。

 

家族構成は?

ハンヒョジュさんの父親は韓国空軍の仕事をしていて、母親は教師です。そしてが一人という家族構成ですね。

教育都市でもある清州(チョンジュ)に生まれ、教師の母親にならって教育家を夢見ていたそうですが、たまたまインターネットで応募した衣料ブランドのモデルに抜擢されたのがキッカケで女優の道に進んだようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ