女優・清水富美加の引退騒動で所属事務所が謝罪コメント!軟化の理由とは?

12日以降、芸能界引退及び「幸福の科学」への出家と大騒動になっている女優・清水富美加さん。

清水さんと教団サイド、所属事務所のレプロエンタテイメントは真っ向から主張がぶつかっていました。

しかし、ここにきて何故かレプロ側が急に態度を軟化してきました。

今回は女優・清水富美加の引退騒動で所属事務所が謝罪コメント!軟化の理由とは?などの情報をお届けしていきます。

女優・清水富美加の引退騒動で所属事務所が謝罪コメント!

出典:http://pinky-media.jp/

今月の12日、芸能界引退と「幸福の科学」への出家と、突然の宣言で世間を騒がせている女優の清水富美加さん。

芸能界の引退については、2転3転していますが、現在の所属事務所は辞めることを決意しているようです。

既に清水さんは公の場には出てこず、全ては「幸福の科学」の顧問弁護士が全てを取り仕切っています。

出典:http://weekly.ascii.jp/

弁護士によると清水さんは心身共に参っており、医師からは「生命の危険」まであると言われていることを明かしています。

現在は、全ての仕事をキャンセルして療養中だと言うことです。

所属事務所のレプロエンタテイメントには一度清水さんは弁護士と共にやってきて、一方的に引退と出家を伝えたそうです。

それ以降は、清水さん本人と事務所は一切連絡が取れないとの事。

出典:http://top.tsite.jp/

当初は清水さんサイドと、事務所は真っ向から主張が対立しており、レプロ側は強硬姿勢で5月の契約満了までは辞めさせないとしていました。

ですが、ここにきて急にレプロ側が異例の謝罪コメントを報道各社に送付してきたのです。

その内容は次の通りです。

この度は、弊社所属タレント・清水富美加の「出家」に関する一連の報道において、お騒がせしており誠に申し訳ございません。

日頃より、清水富美加を応援してくださっているファンの皆さま、そして関係者の皆さまにはご心配とご迷惑をおかけしておりますことを、深くお詫び申し上げます。

大変衝撃を受けましたが、出家及び契約の終了について一切の否定をしておりません(ただし、契約の終了時期につきましては別途協議の申し入れをしております)。

お取引先等の関係各位にご迷惑をおかけすることのないよう、既に決定しているお仕事に関しては、プロフェッショナルとしての責任を持ってやり遂げてもらいたいという弊社の思いから、本年2月2日から弊社代理人弁護士と清水富美加の代理人弁護士との間で、契約終了の時期について協議を進めてきた次第です。

弊社といたしましては、当初から一貫して、清水富美加本人の意思を最大限尊重し、可能な限り本人の希望に沿う形で円満に話を進めていくつもりでおります。

弊社の代理人弁護士が清水富美加の代理人弁護士との間で協議を行っている最中ですが、本件が一刻も早く解決に至り、皆様にご報告ができますよう鋭意努力して参る所存でございます。

引用元

出典:http://iam-publicidad.org/

これには業界も世間も驚きを隠せませんでした。

12日の事務所サイドの弁護士は清水さんサイドの言い分を真っ向否定し、「契約は5月20日まであり自動で1年延長出来るオプションもある。契約延長に関しては2月初頭に通知済で、その期間でせめて決まっている仕事はこなして欲しい」としています。

更には清水さんサイドが2月末での契約解除を求めていることに関し「法的にはそうならない。協議はするが話し合いが不調なら、本人に損害賠償を請求する事態もある」と強硬姿勢を示していました。

清水さんの体調についても「診断書だけでは判らない。1月末までコミュニケーションをしていたので、生命に危険が及ぶと考えられない」と反論していました。

出典:https://mdpr.jp/

そんな中での急激な軟化にネットでは・・・・・。

・ほんまかいな 

・幸福に負けたか 

・どーもあやしい 

・あっさり全面降伏っぽくてつまらない展開 

・レプロがいうとしらじらしいw 

・うわあここで引くとかますます怪しいわ 

・映画関係者とか多大な迷惑かけた事実は変わらんからな、仕事ぶん投げて 

・レプロ全面敗北キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! 

・ヘタれるの早すぎじゃね? 

・あれ、損害賠償の話は??

引用元

ネットの意見ではレプロが軟化したのは裏があるのでは?と見られています。

もちろん、幸福の科学側の抵抗に不利を感じて降伏したとも言われています。

事務所の軟化の理由とは?

出典:http://achieve05.net/

今回、レプロエンタテイメントの本間社長が「清水富美加本人の意思を最大限尊重し、可能な限り本人の希望に沿う形で円満に話を進めたい」と態度を軟化させました。

しかし、僅か2日でのこの変わり方は不自然とも言えます。

確かに清水さんの件では、事務所の評判が悪化していますが、この件がなくても充分レプロは既にこれ以上ないほど評判は最悪です。

悪評を留める為にと言うなら、今回に限らずこれまでも様々な件で譲歩してきたはずです。

出典:news.dwango.jp/

かと言って、労働問題で騒動になるのが困ると言うこともないでしょう。

労働関係の訴えは確かに現在労働者に有利に働きますが、それで発生する金額や罰則は僅かのもので、ほとんど有名無実のものです。

芸能人の場合、これまでどれだけの労働時間を費やしたか、過去に遡って検証することも困難です。

となると、事務所が軟化して理由は健康問題の1点ではないかと考えられます。

出典:http://jisin.jp/

正直なところ、身体的に「生命の危険」がある状態になっているとは言えないでしょう。

「生命の危険」があるとすれば、清水さんが事あるごとに「死にたい」と語っていたと言う様に、精神的な部分で「自殺の危険」があると言うことでしょう。

精神疾患の場合、申告するだけで病名がつくものは多々ありますので、診断書は何とでも書けます。

とは言え、レプロサイドの医師に診せることが出来なければ、病気が詐称である証明は出来ません。

病気を盾にされると、訴訟沙汰になれば厳しいところでしょう。

また、レプロ側としては病気を理由に莫大な損害賠償や違約金を一手に支払いたくない思いから、教団側との落としどころを探し、清水さん側にも違約金を一部負わせようと考えているのではないでしょうか。

まとめ

今回は女優・清水富美加の引退騒動で所属事務所が謝罪コメント!軟化の理由とは?などの情報をお届けしました。

強硬姿勢を貫いていたレプロエンタテイメントですが、ここにきて急に軟化してきました。

しかし、これを単純に真っ直ぐ捉えることは出来ません。

やはり、どこかに打算的な思惑があるように感じますし、世間の多くもそうした見方をしているようです。

今後の展開に注目したいところです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ