神田うのは父親が官僚で通産省だった?経歴にびっくり!

ゆいです!

今回は神田うのさん!

ヤフーで検索すると、「父親」「官僚」「通産省」と言うワードがでてきます。

神田うのさん、やはり家系も凄いのでしょうか。(笑)

調べてみました!

神田うの、父親が官僚で通産省?

神田うの 父親 官僚 通産省

出典:http://laughy.jp/

神田うのさん(40歳)ですが、最近はベビーシッターさんから

「盗難被害」

を受け話題になりましたね。

総額1975万円と言う一般人の私には理解しがたい金額です。(´・ω・`)

それに続き。

ネットで神田うのさんの父親が官僚で通産省と言う、噂が出てきました。

そこで、正式な情報であのか、神田うのさんのwikiを見てみると…。

旧通産省の元技官(大分県出身・大分県立佐伯鶴城高等学校→東京大学工学部→東大大学院修了)の父と母(大分県立佐伯鶴城高校)との間に第一子として出生。

東京都目黒区に生まれる。

引用元

と記載がありましたので

神田うのさんの父親が、官僚である事は間違いないみたいですね!

神田うのの父親の経歴が凄い!

神田うの 父親 官僚 通産省

出典:http://spotlight-media.jp/

神田うのさんの父親に関して、官僚としての活動も書かれていました。

週刊朝日によると、神田さんの父は、資源エネルギー庁の原子力発電安全管理課長だった1986年にチェルノブイリ原発事故が起き、原発安全確保政策をまとめ上げたという。

また、79年に起きた米スリーマイル島原発事故の際には、同庁安全審査官で、事故を教訓に安全対策をまとめているという。

引用元

と言う事で、ネットでは

「原発官僚」

として話題になっています。

ちなみに、神田うのさんの父親は

「神田淳(かんだ すなお)」

さんと言うお名前らしいです。

現在、神田うのさんの父親は官僚を引退しているみたいですね。

経歴もありましたので、載せておきます!

1945年 大分県生まれ。
1970年 東京大学大学院修士課程卒。
通産省(現経済産業省)入省。
資源エネルギー庁原子力発電安全管理課長。
埼玉大学教授、中小企業庁技術課長。
ジェトロウィーンセンター所長等を歴任。
1998年 通産省退職。
その後、京葉ガス(株)常務取締役

引用元

凄い経歴です…。(笑)

お父様がこれだけ凄い人ならば、娘も!

と言う事で、神田うのさん。

納得ですね。(*´з`)

京葉ガスの常務と言うことで、京葉ガスのホームページを見てみましたが、お名前はありませんでした。

すでに、こちらも退職している可能性がありますね。

そして、神田淳さんの著書もありました!

「すばらしい昔の日本人」

「西洋のこころの研究 」

と言う二冊!

Amazonで買えるみたいなので、気になる方はAmazonnで購入してください。(笑)

残念ながら、神田淳さんの写真はありませんでした。(*´з`)

画像検索で調べても、品のあるオジ様が出てくるので、誰が神田淳さんか分かりませんでした…。

たぶん、顔はどこにも出していないように思えます!

と言う感じで、神田うのさんの父親、神田淳さんいついて、調べてみました!

・元官僚である

・旧通産省である

・凄い人である

事が分かりましたね。(笑)

この記事を担当したのは「ゆい」でした!

    large_1404848

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

下のSNSボタンでシェアやいいねを押して頂けると・・・スタッフが喜びます\(^o^)/

検索は「芸能 マゴッチ」で!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ