有村架純が紅白司会で高評価!反面全体的にグダグダ過ぎる演出に不満も!

有村架純さんは今や押しも押されぬ若手女優です。

NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」でブレイクし、2017年の同枠ドラマ「ひよっこ」の主演が決まっています。

この節目と言える2016年、有村さんは紅白歌合戦の紅組司会の大役を任されました。

今回は女優の有村架純が紅白司会で高評価!反面全体的にグダグダ過ぎる演出に不満も!などの情報をお届けしていきます。

有村架純が紅白司会で高評価!

出典:https://mdpr.jp/

女優として2016年も大活躍だった有村架純さん。

2017年のNHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」の主演に決まっています。

NHKの朝のドラマの主役が紅白の司会をすることは珍しくはないのですが、前乗りで担当することは極めて稀で有村さんへ対する期待度の高さが判ります。

「ひよっこ」の視聴率次第では2年連続で2017年の紅白の司会も有村さんになる可能性も充分あります。

出典:http://www.oricon.co.jp/

そんな有村さんですが今回の紅白の司会で称賛の声が上がっています。

もちろん、有村さんはアナウンサーではありませんから、少々ミスはあったものの基本的に堂々として安定感がありました。

どちらかと言えば、大先輩でもある白組司会の嵐・相葉雅紀さんが噛みまくる中、しっかりフォローするかのように常に冷静さを保っていました。

出典:https://mdpr.jp/

最近は総合司会は別としても、それぞれの組の司会は役者やタレントが務めています。

どちらかと言えば、そう言う場合は失敗ありきで起用しており、2015年の女優・綾瀬はるかさんの様に天然を発揮しても問題はありませんでした。

出典:http://www.iza.ne.jp/

その為、今回も「まあ本職じゃないから」と言う視聴者の甘さに期待しての起用でしたが、有村さんだけで言えば、まともな司会ぶりを見せたと言えます。

そんな有村さんの司会ぶりにネットでの反応はどうでしょうか。

・相葉がひどいからそう見えるだけと思うがかわいいから許す 

・めっちゃ安定してるし、出場してるアイドルグループのメンバーより圧倒的にかわいい

・むしろ仲間由紀恵の偉大さを感じてしまったわ。でも有村ちゃんは若いからこれからもっともっと良くなるね 

・綾瀬と比べたら 

・慣れて来た又は緊張が解れたのもあるけど。隣に 最低の司会者(笑) が居るからな

・可愛いは正義 

・有村架純の時代がくると思ってましたああああああああああああ! 

・綾瀬はるかよりはマシだが、面白みはないな 

引用元

出典:https://mdpr.jp/

評価は高いものの、有村さんの場合は相対的な評価と言う部分も多いようです^^;

以前の司会者や、今回の白組司会者の相葉さんとの比較で「良い評価」があると言うことも否めませんね。

有村架純、紅白全体がグダグダ過ぎると不満も!

出典:http://abc-times.com/

有村架純さんの司会ぶりなどは概ね評価は良かったのですが、紅白全体の印象で言うとグダグダ感が凄いと言われています。

視聴率的には、久しぶりに40%を超える数値で一概に悪かったとは言えないのでしょうが、視聴率に及ぼした影響はまた別にあるでしょう。

例えば、今回の紅白では「AKB48紅白総選挙」があったり、SMAPが最後の最後まで出演するかも知れない期待感などもあり、これらが少なからず影響したことは間違いありません。

出典:http://www.gari-wasabi.com/

最も意味不明でグダグダだったのは、タモリさんとマツコデラックスさんの件ですね。

何故か2人は上京した一般人と言う設定で、入場券がなかったり、警備員に止められたりして、結果最終的に入場出来ずに何となく終わってしまいました。

マツコさんは本音か演出かは判りませんが「こんなくらいなら家でゆっくり年越ししたかった」とつぶやきます。

結局、局側は一体何がしたかったのかサッパリと言う状況で視聴者もこれには口があんぐりでした。

出典:http://www.matome-vision.com/

また、2016年大ヒットした「シン・ゴジラ」とのコラボなどもありましたが、何の意味があるのかサッパリ判らないとの声ばかりです。

更に勝敗に関しても、ギリギリまで白組が圧倒していたので、そのまま白組の勝利かと思いきや意味不明なまま何故か紅組が勝ってしまいました。

この勝利には有村さんも驚きを隠しきれず「えっ?」と言う顔をしてしまったほどです。

もちろん、紅白の勝利に興味のある人はいないでしょうが、疑惑の勝利は後味の悪いものです。

出典:sportsantennaufo.blog.jp/

紅白の視聴率が下がっているのは、こうしたスタッフの思い込みによる妙な演出や学芸会レベルの構成が原因です。

感覚が古過ぎるのが大きな要因にも関わらず、出演者や司会者に全て転嫁している時点でこの国民的お化け番組は並みの番組に成り下がっていくしかないのです。

今回は有村さんに救われた紅白と言っても良いでしょう。

まとめ

今回は女優の有村架純が紅白司会で高評価!反面全体的にグダグダ過ぎる演出に不満も!などの情報をお届けしました。

2016年の紅白も盛り上がりに欠けたものになりました。

その中で1人気炎を発していたのが女優の有村架純さんでした。

おぼつかない部分もあるにせよ、失敗を失敗たらしめるのは全てその際の立居振舞によります。

有村さんは若いながらも、堂々とした司会ぶりを見せてくれました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ