高橋メアリージュンのカップや水着画像は?美脚と話題に

女優の高橋メアリージュンさんがお笑い芸人の千原ジュニアさんが主演する単発ドラマ『新・ミナミの帝王』のシリーズ第12弾に出演することがわかりました!

気になる放送日は来年の2017年の1月9日放送時間は14:50~16:15となっています!

このドラマは天王寺大さんの漫画『ミナミの帝王』を実写化したものでストーリーは闇金融の姿を描くヒューマンドラマとなっています。

高橋メアリージュンさんは第12弾の「命の値段」にヒロイン役での登場となり女優として期待されていることがわかりますね!?

またこのドラマではメイド服姿も披露することになっていて注目されていきそうです(笑)

プロフィール

名前:高橋メアリージュン(たかはしめありーじゅん)

生年月日:1987年11月8日(28歳)

出身地:滋賀県

血液型:A型

身長:169cm

体重:非公開

スリーサイズ:B85-W58-H86cm

高橋さんは父親が日本人で母親がフィリピン人であることからフィリピンのハーフの方なんですね~

高橋ユウさんもモデルとして活躍されていて凄いですよね!

またさんもいてなんとこちらはサッカー選手でJリーグの京都サンガFCで活躍していて凄い兄弟ですよね(笑)

 

高橋メアリージュンさんは2003年8月に「横浜・湘南オーディション2003」でグランプリを獲得しこれがきっかけとなって2004年4月から「CanCam」の専属モデルになり芸能界にデビューすることになりました!

2007年からはタレントとして活躍していて歌番組やバラエティ番組、さらにCM出演などでテレビ出演が増えて知名度が飛躍的に高まりました。

現在は多くのファッション雑誌に出演しつつ女優としての活動も行っています!

メアリージュンさんはファッションモデルとしても活躍していて身長は169センチもありかなりの高身長です!

また映画「るろうに剣心」の実写版では駒形由美役を演じて見事セクシーな演技を見せてくれたのが個人的には印象深いですね~

また高橋メアリージュンと言えば2013年の3月に本人のブログ潰瘍性大腸炎という難病指定の病気を告白したことで一時期話題になりましたよね!

すぐにトイレに行きたくなってしまう病気でひどい時はオムツをしなければいけないほどになってしまったんだとか…

ですが現在は大分楽になったようで前向きに闘病を続けてよくなっているみたいなので安心しました。

takahasimeary

出典:everyday-e-news.com

カップや水着画像は?

スタイルも気になったので調べてみました!

スリーサイズは上から85-58-86となっていてカップサイズはDカップかEカップではないでしょうか?

高身長の割にはバストもありと本当にスタイルがいいですよね!

高橋さんはグラビア撮影を行ってないのでファッション雑誌やCMで見せる水着写真は貴重なものと言えるかもしれないですね!

個人的にはグラビアでの活動も期待しちゃいます(笑)

fe705c4d

出典:everyday-e-news.com

美脚と話題に

また出演した映画「キカイダー REBOOT」では2週間にわたる過酷なトレーニングをしたことを明かしていました。

アクションシーンがありその為練習でも筋肉痛がその日にきてしまうほどの苛酷さでこの時の経験が足に程よい筋肉を作ったことによって今の美脚につながっていったのかもしれませんね!?

また高橋メアリージュンさんと言えばファスティングと呼ばれるプチ断食を行い6日間で5㎏痩せたことが話題になったことがありました!

ファスティングとは、準備期間、ファスティング期間、回復期間の3タイプの期間にわけて行う断食のダイエット方法で主に食事制限を行ってするダイエットとなります。

やはり現在女性ファッション雑誌の『CLASSY.』や『Oggi』、『GINA』に出演している現役のモデルさんなのでスタイルを維持することに関しては高い関心があるようですね。

高橋メアリージュンさんのダイエット方法を見てみると体重を減らすということよりは無駄な脂肪をそぎ落とすという行為に近いんだと思います。

 

香川沙耶のダイエット方法とは?↓

香川沙耶のダイエット方法や美容法は?Oggiの専属モデルに決定!

そういった努力から美脚が話題になる程の筋肉を不断の努力から培ってきたんでしょうね。

このことからスタイル維持の方法は食事だけでなくキックボクシングや筋力トレーニング等のトレーニングに取り組まれているようですね。

また高橋メアリージュンさんは美容方面の関心も高く時にはプロの方々の手を借りることも大切と言っています。

その為にセルライトを取り除くためにキャビテーションという機械を使った施術を受けていることもありました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ