和田アキ子が40回目の紅白を逃す!毎日号泣を明かす!完治しない病気を患った?

和田アキ子さんは日本中誰もが知っている芸能界のご意見番であり、歌手です。

強面で知られ、様々な伝説的エピソードを持ち、他の芸能人に恐れられています。

そうした中でも和田さん自身は「自分は飽くまで歌手」と言うスタンスには拘っています。

今回は歌手・和田アキ子が40回目の紅白を逃す!毎日号泣を明かす!完治しない病気を患った?などの情報をお届けしていきます。

和田アキ子が40回目の紅白を逃す!毎日号泣を明かす!

出典:http://rubese.net/

和田アキ子さんは芸能界のドンとも言われ、「アッコ」、「ゴッド姉ちゃん」などの愛称で恐れら、愛されてもいました。

利害はもちろんあるのでしょうが、アッコさんには常に”ファミリー”とも言える多くの芸能人が取り巻いています。

強面ですが、面倒見の良いところや情に厚いところも多々あり、利害だけではなく慕っていた芸能人も少なくありません。

そんな和田さんですから、当然大晦日の紅白歌合戦にはずっと出続けていました。

女性歌手として最多の39回出場、連続出場記録も30回と言う記録まであります。

出典:http://akb48taimuzu.livedoor.biz/

そんな和田さんですが、今年2016年紅白の出場枠から落選すると言う憂き目にあいます。

本来であれば、今年出場が叶えば記念すべき40回出場でした。

また、和田さんはこれまで紅組司会も3回務め、大トリ6回、トリ6回と紅白に大きな貢献をしています。

落選の理由についてNHKのチーフプロデューサーは次の様に発言。

「(前略)我々としては感謝でいっぱいですが今年の選考にあたっては総合的(活動状況、世論の支持、企画演出との合致)に判断して選出しませんでした」とコメント。

和田さんはこれに対し、所属事務所のホリプロを通してコメントを発表します。

「今回この様な形になり、とても残念に思っております。40回と言う節目でもありましたので、正直悔しい気持ちもあります」としました。

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

しかし、この決定には「?」です。

疑問しか沸きません。

和田さんの毎年の活躍は基本的ここ10年~20年さして変わっていませんし、活躍していると感じるほど売れてはいません。

世間の評価もずっと悪く、「在日」、「偉そう」、「暴力的」、「嫌い」と今年になって変わったことなどありません。

和田アキ子さんが総合的に判断して、紅白に毎年出続ける理由は本来ずっとなかったのです。

本来であれば、これほど息の長い芸能人ですし、紅白にもNHKにも貢献してきた歌手なのですから、自身で引き際を決めさせるスタイルをとるのが常識でしょう。

しかも、今年は記念すべき40回目の出場です。

これをもって紅白を卒業します!と和田さん自身に言わせてあげるのが社会通念上でも当然のことと言えます。

そうであれば、和田さんもそれなりに納得したことでしょう。

出典:https://www.youtube.com

和田さんが今回落選した最も大きな理由は恐らく「AKB48紅白選抜総選挙」の為だと考えられます。

和田さんの性格上、このAKB48を中心とした紅白の作り方に不満を持つでしょう。

ましてや、この初の試みは混乱を招く可能性も大いにあります。

もし、このことで他の歌手の時間が押したり、歌唱を短縮させられたりすれば終了後にも和田さんの怒りはスタッフに向けて爆発するでしょう。

もちろん、芸能界のご意見番として様々な場での発言も出来ますので、紅白後の翌年に苦言を呈することも充分考えられます。

NHKとしては、こうした和田さんの怒りを被りたくない、喧嘩別れの様な落選で話題を呼びたい、嫌われている和田さんを外すことでネット住民などから評価を受けたいなどの思惑があるのでしょう。

正に視聴率の為ならなりふり構わずと言ったところです。

確かに老害でしかない和田さんの紅白落選を喜ぶ人は少なくないでしょう。

そして、確かにそろそろお引取り願うのは構いませんが、やり口がいかにもNHKと言う感じで見ていて気持ちの良いものではありません。

これで国民から受信料を巻き上げている国営放送だと言うのですから、その良識や理念を疑う他ありません。

和田さんは11月26日のラジオの冠番組「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」で今はもう吹っ切れていると語りました。

ですが本音はやはり違うようで、完全には吹っ切れていないようです。

「毎日泣いたけど早くほっといて欲しい。本心を言う気はないです、もう通過点ですから・・・」

「でも今回は観たくないわね。とっとと日本を後にしたい。NHKはスクランブルをかけて欲しい」とコメント。

歌手を引退すると言う噂については「和田アキ子は不滅です!ふっふっ」と宣言しました。

・基準をちゃんと公表すればいいんだよ。売り上げ何枚以上とか 

・いつからか知らんが有名な大御所ばかりになって何年も前に流行った歌を毎回歌ってるやつも居る。要らんだろ?そんな番組。

・これからは全力で紅白叩いてくるだろうなこいつ 

・裏で紅白落ちましたけど何か?って歌番組やれば結構見るんじゃね? 

・演歌もいらねぇよ。老害切り捨てろ 

・ラジオ聴いてたけど明らか元気がなくて聴いてるこっちがつらかったは 

・落選して泣きまくる福子かわいい 

・39回で落選させたNHKも酷いよなw 

・正直風物詩なもんだから出してやればいいのにとは思う。どうせ見ないし 

・これまでも人気に関係なく出してたんだからキリよく40回まで出してやって終わりにしてもよさそうなもんだ 

引用元

ネットでも賛否はあるものの、同情的な意見はかなり多いと言えます。

落選を「ざまぁ」と言っている人も少なくありませんが、40回をもって卒業と言わせれば2度と紅白に出ることはありません。

ですが、今回のような落選ですとほぼ可能性はゼロに近いものの、歌が爆発的に売れたり、何かで間違ってブレイクでもしようものなら再び出場のチャンスがあると知っておいた方が良いでしょう。

和田アキ子は完治しない病気を患った?

出典:http://girlschannel.net/

そんな和田アキ子さんですが、実は根治不可能な持病を持っていることを明かしました。

病名は「シェーグレン症候群」と言う聞き慣れない疾患です。

膠原病の一種とも言われ、自己免疫疾患が元となって発症するようです。

症状としては「ドライマウス、ドライアイ、関節痛、発熱、息切れ、異常な発汗、疲労倦怠感、肌荒れ」などです。

更年期障害や甲状腺系などの分泌系異常の症状にも似ています。

シェーグレン病は現状完治する方法がなく、対症療法で臨むしかありません。

また、規則正しい生活やストレス発散などが必要で、症状が酷いと半病人のような状態になり、仕事をするのも辛い健康状態になります。

要は芸能人である和田さんにとっては、最も罹りたくない疾患になってしまったと言えるのです。

医療界では2021年には根治の方法が確立出来るとのことですので、早くそうなると良いですね。

まとめ

今回は歌手・和田アキ子が40回目の紅白を逃す!毎日号泣を明かす!完治しない病気を患った?などの情報をお届けしました。

謎のタイミングで、今年の紅白歌合戦に落選した和田アキ子さんですが、その失意は相当なものの様です。

正直なところ、和田さんが出場しようがしまいが、番組にとってはさしたる影響はありません。

しかし、今回の落選はNHKの意地汚い都合が見え隠れして国民を不快にさせるものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ