織田裕二ドラマ「IQ246」が不評!演技が気持ち悪いとも!第8話に稲垣吾郎出演で巻き返すか!?

織田裕二さんはドラマ「踊る大捜査線」シリーズが代表作の俳優です。

今期、満を持して新ドラマ「IQ246」の臨みましたが、視聴率以上に織田さんの演技が不評です。

元々演技に拘っていると言われる織田さんですが、意外に演技の幅がないとも言われています。

今回は俳優・織田裕二ドラマ「IQ246」が不評!演技が気持ち悪いとも!第8話に稲垣吾郎出演で巻き返すか!?などの情報をお届けしていきます。

織田裕二ドラマ「IQ246」が不評!演技が気持ち悪いとも!

出典:http://topicks.jp/

織田裕二さんと言えば「踊る大捜査線」が第一に思い浮かぶ人が多いことでしょう。

それ以降はどんな役柄を演じても、織田さんの演技の幅が狭く、誰でも「青島」にしか見えなかったものです。

そんな織田さんが3年ぶりに連続ドラマの主役を務める「IQ246~華麗なる事件簿~」が10月16日スタートしました。

しかし、前評判の割には平均視聴率13.1%と言う低視聴率になりました。

とは言え、ドラマ離れの世相を考えるとまだマシな視聴率と言えなくもありません。

出典:http://top.tsite.jp/

織田さんの他に、脇はディーン・フジオカさん、土屋太鳳さん、中谷美紀さんなど豪華で旬なメンバーが固めています。

しかし、初回以降どんどん視聴率は下がる一方となっています。

初回に興味を持たれたにも関わらず、視聴率が下がってしまうのはそれだけつまらない、魅力がないことの証明です。

特に問題になっているのは織田裕二さんの演技だと言われています。

今回、異常に高いIQを持つ主人公な為に、織田さんはそれなりに役を練ってきたと言います。

しかし、その方向性が著しく間違っている、勘違いしている、パクリだと散々の言われようです。

パクリと言うのは、ドラマ「相棒」の水谷豊さん演じる杉下右京の話し方だと言われています。

出典:http://kulture.kola.jp/

「頭が良い」、「頭脳明晰」と言うことは織田さんの中では杉下右京がそれにあたると考えているのでしょうか。

視聴者はその違和感たっぷりの話し方に馴染めないようです。

話自体もつまらない、IQ246もある人間が関わる必然性がない、IQの高い人間の思考が判っていないなど批判は様々です。

日本の映画やドラマ、小説でこうしたIQの高い人間を扱ったり、猟奇殺人者、異常心理殺人、プロファイリングなどを扱うと大抵は失敗します。

こうした事柄に日本は馴染んでおらず、キチンと製作者側が理解出来ていない場合が多い為です。

近いところでは映画「悪の教典」などはそうした失敗の良い例です。

出典:http://www.tsutaya.co.jp/

主人公は快楽連続殺人者ですが、この犯人がかなり浅薄で「秩序型」でも「無秩序型」でもなく、混ざり合っている性格を持っています。

通常、こうしたケースは快楽連続殺人犯にはあり得ず、更に拳銃で撃ち殺すなど殺人に対する執着が全くありません。

これは原作者の貴志祐介氏にそうした知識がないこと、製作者にもそうした知識がないことが大きな原因です。

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

そうしたことと同じく織田さんのドラマでも「IQ246」もある人間の考え方や見えているものが果たして凡人に判るのかと言うことが重要です。

且つ織田さんが高いIQを有しているようには全く見えませんし、演技もバカっぽくなっているだけでIQの高い人間とは掛け離れていると言えます。

・織田って頭よさそうな雰囲気なくね? 

・脚本がやばいな、推理部分が陳腐でがっかりになりそうな感じ 

・なんか予告だけで痛々しい感じだった。お笑いの一歩手前って感じ 

・キャラクターは面白いんだけど事件がショボ過ぎる 

・古畑任三郎の悪意あるモノマネでもしてるのか織田さん 

・織田裕二に合うキャラじゃない。キャスティングミスでしょこれ 

・古畑と右京を足したようなキャラだな 

・そうだな。脚本より演出が酷いなw 

・杉下右京「おやおや(・∀・)」 

引用元

織田裕二主演ドラマ、第8話に稲垣吾郎出演で巻き返すか!?

出典:http://natalie.mu/

視聴率低迷と、内容やキャスティングの悪さで青息吐息のドラマ「IQ246」ですが、テコ入れとでも言いましょうか、第8話にSMAPの稲垣吾郎さんの出演が決定しました。

織田さんと稲垣さんは「踊る大捜査線」で共演したことがあります。

出典:http://plaza.rakuten.co.jp/

出典:https://twitter.com/

しかし、既に19年も経過しており実に久しぶりの共演となります。

「踊る大捜査線」では刑事織田さんに対し、稲垣さんが犯人でした。

ですが、今回は全く間逆の関係性になるようです。

「IQ246」では稲垣さん演じるところの警視庁捜査1課の管理官が、織田さん演じる主人公を容疑者として追及していくのです。

前回の共演では相当に緊張したと言う稲垣さん。

主演の織田さんともあまり話は出来なかったと言います。

今回はバラエティでの共演も数回しているので、良い関係性での共演が出来るのではないでしょうか。

稲垣さんが出演することで、視聴率は変化するでしょうか。

まとめ

今回は俳優・織田裕二ドラマ「IQ246」が不評!演技が気持ち悪いとも!第8話に稲垣吾郎出演で巻き返すか!?などの情報をお届けしました。

視聴率は良いとは言えない今期の織田さんのドラマですが、違う方向性で話題にはなっています。

ですが決して良い話題ではなく、かなり微妙な話題性で、視聴率には繋がってきません。

第8話でSMAPの稲垣吾郎さんと織田さんが19年ぶりに共演しますが、視聴率回復の起爆剤になるでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ