チャゲアスのASKAが逮捕後飛び入り初ステージ!その反応は?新開設のブログの内容がヤバい?!

チャゲ&アスカのASKAさんは、シンガーソングライターとして大ヒット曲を多く世に送り出してきました。

デビューから37年と言う長い芸歴ながら、尽きることない作曲能力で自身の楽曲だけでなく、他のシンガーにも多くの曲を提供してきました。

しかし、残念ながら2014年5月17日に覚せい剤取締法違反で逮捕されました。

今回はチャゲアスのASKAが逮捕後飛び入り初ステージ!その反応は?新開設のブログの内容がヤバい?!などの情報をお届けしていきます。

ASKAが逮捕後飛び入り初ステージ!その反応は?

出典:https://i.ytimg.com/

2014年に覚せい剤取締法違反で逮捕され、世間に大きな衝撃を与えたASKAさんです。

裁判では懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受け、謹慎休業に入っていました。

まだ執行猶予期間中ですので、本来は大人しく行動するのが常ですが、ASKAさんは自身のバンドメンバーのライブに行き、飛び入りと称してステージに立ちます。

そこで新曲の「FUKUOKA]と過去のヒット曲「はじまりはいつも雨」など2曲を披露したそうです。

この話しは他者から漏れたものではなく、ASKAさんが自身のブログで明かした話しです。

ASKAさんが逮捕後、ステージで歌を披露したのは正に2年と6ヶ月振りになります。

ASKAさんはブログで「久しぶりのステージ。(中略)僕は、大事に大事に『FUKUOKA』を歌いました」とコメント。

これ以前、既に復帰に向けて活動しており、ニューアルバムは9月には出来上がっているとのこと。

出典:http://rr.img.naver.jp/

ただ、重大事件を引き起こしておきながら、世間の声も何もお構いなしにごり押しで復帰に向けて動いてしまっていることに違和感を持つ人は多いようです。

懲役3年、執行猶予4年なら、せめて判決から3年は待つべきではないでしょうか。

執行猶予が付くと多くの人が勘違いしやすいのですが、本来は3年間禁固されるところを大目に見てもらっていると言うことに過ぎません。

ならばせめて3年間は収監された状況と同じく、ひたすら何もないところで反省の日々を送るべきではないでしょうか。

また、芸能界でも復帰に疑問を抱いている人が・・・。

坂上は、ASKAが逮捕された際に、「(ASKAの)気持ちはわからないでもない」などと発言していた人にもの凄く違和感を感じたと話し、「擁護したらだめじゃん!だめなんだよ!」「なんで擁護するんだと。ダメなことやったら馬鹿野郎でいいんだよ!」とブチギレた。

そして、ASKAの復帰についても、「だめだよ」と一蹴。そして、復帰すべきかは現段階では否定的だが、執行猶予期間が経過して芸能活動するかはASKAの自由だとも述べた。

引用元

芸能界でも坂上さんだけではなく、反対派、賛成派と完全に意見は二分しています。

そもそも、ミュージシャンの場合は同じ芸能人でもタレントや俳優とは違い、必ずしもテレビなどのメディアで大々的に復帰する必要がありません。

レコーディングとコンサートだけしているなら、ほとんど求める人しか相手に商売しておらず、世間は完全復帰したなとは感じにくいものです。

その為、ミュージシャンの場合は知らぬ間に復帰して、何もなかったような顔で数年後にテレビに出演と言うパターンが多いようです。

これでは本当に反省を促すことが出来るのか非常に疑問です。

ASKA、新開設のブログの内容がヤバい?!

出典:http://img02.ti-da.net/

復帰を早期に画策しているASKAさんですが、釈放後に期間限定のブログを開設しました。

本人いわく、事件の顛末を全て明らかにしなければ禊にならないと考えたと言うのが理由のようです。

しかし、このブログの内容はにわかには信じられないいわゆる「陰謀論」が書き綴られています。

これを見る限り、ASKAさんはある一定の組織に自分ははめられたと言った論調であり、他者へ責任を転嫁しているようにも感じます。

もし、本気でこれを書いているのだとしたら、統合失調症を患っているか、未だに薬による厳格症状があるのではないかと噂になっています。

とにかくASKAさんが語るところでは、自分や自分の知り合いの芸能人は常に誰かに盗聴器や盗撮機で監視されているという言い分です。

しかも、そのせいで知人は自殺したものもいると語っています。

刑事に知り合いがいるとASKAさんは語っていますが、盗聴や盗撮の話を警察に持ち込んでも相手にされなかったと言います。

親しい人の中に刑事がいるなら、少々妄言っぽいことであったとしても、ASKAさんの証言が確かなら充分に証拠があり、調べてくれるはずです。

ですが、警察は全くとりあってくれなかったと語っています。

薬物に手を出した経緯も、そういったことで精神的に参っていた、そんな時に渡された薬を飲んだらそれが違法薬物だったという話しになっています。

長々と回りくどく書いていますので、根本的な原因や問題は明確ではありませんが、とにかく好きで薬をやった訳ではないと訴えているようです。

こうした話しを見る限り、精神に異常を来たしていないとするなら、反省の色が全く見えないと言うことになります。

芸能界の音楽仲間には早期復帰を望む声や、協力したいと申し出る者もいますが、こうした現状について理解して言っているのか実に疑問です。

まとめ

今回はチャゲアスのASKAが逮捕後飛び入り初ステージ!その反応は?新開設のブログの内容がヤバい?!などの情報をお届けしていきます。

音楽界で大きな実績を残し続けてきたASKAさんですが、残念なことに違法薬物の使用及び所持で逮捕され、栄光の全てを失いました。

釈放されてからも奇異な言動は続いており、更正プログラムが順調に機能しているのかどうかが疑問なところです。

まだまだ本格復帰は本人のためにならないといえるのではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ