ロックバンド『BOOM BOOM SATELLITES』川島道行が逝去!妻・須藤理彩とその闘病とは?

川島道行さんは、ロックバンド「BOOM BOOM SATELLITES」のギター&ヴォーカルとして活躍していました。

「BOOM BOOM SATELLITES」は異色のバンドで、ベルギーのレコードレーベルからデビューします。

後に日本でもデビューしますが、常に活動は世界を視野に入れたものでした。

今回はロックバンド「BOOM BOOM SATELLITES」川島道行が逝去!妻・須藤理彩とその闘病とは?などの情報をお届けしていきます。

「BOOM BOOM SATELLITES」川島道行が逝去!

出典:http://a-files.jp/

「BOOM BOOM SATELLITES」は1990年にギター&ヴォーカルの川島道行さんとベース&プログラミングの中野雅之さんの2人で結成されたロックユニットです。

1997年にベルギーのレコードレーベルと契約し、1998年にデビューアルバムをリリースします。

出典:http://news.mynavi.jp/

ヨーロッパを拠点に活動し、大型ロックフェスにも多数出演を果たし、3ヶ月間のアメリカツアーを敢行するなど精力的な活動を見せていました。

私生活では川島さんは女優の須藤理彩さんと2006年に結婚します。

出典:http://e-fccj.com/

全てが順風満帆に見えた川島さんの人生でしたが、1997年に脳腫瘍が見つかり、3度の手術を受けていました。

そんな状態の中でも川島さんは精力的に音楽活動を続けていました。

しかし、2015年7月に5度目の脳腫瘍を発症します。

体調の変化もあり、7月以降のライブ活動の無期限休止を余儀なくされました。

それでも川島さんは諦めずにい続けたと言います。

2016年、「LAY YOUR HANDS ON ME」のリリースをもってバンドの活動を終了するとメンバーの中野さんが公式サイトで発表しました。

6月に最後のリリースをすると、川島さんは体の麻痺などに苦しみます。

それでも闘病生活を送っていましたが、47歳の若さで10月9日に死去されました。

妻の須藤理彩さんは川島さんの死に際してコメントをしています。

「川島道行を応援下さったファンの皆様、支えて下さった皆様、川島の人生をより豊かなものにして下さり心より感謝申し上げます」

「お父さん、お母さんの息子である川島道行、私の愛する夫で、娘たちにとって優しくてカッコいいパパの川島道行、そして、ミュージシャンの川島道行」

「短い一生ではありましたが一度きりの人生でこんなにも沢山の人生を生き、そしてそれぞれかけがえのないものをシッカリ遺してくれました」

「どうか皆様にとっての川島道行をずっと忘れずに、そして彼の遺したものをこれからも大切にして頂けたらと思います」

「運命を受け入れ、もがきながらも懸命に音を奏で続け生き抜いた川島道行を誇りに思います」とコメント。

引用:http://www.oricon.co.jp/

妻である須藤さんだけでなく、長年相棒でもあったメンバーの中野雅之さんもコメントを寄せています。

「10月9日午前5時12分、BOOM BOOM SATELLITESのヴォーカリスト川島道行が旅立ちました」

「ようやく不自由な身体から解放されて、今頃は世界中を飛び回っているのではないかと想像しています」

「悲劇ではなく人生のゴールとハッピーエンドを手に入れた瞬間でした。今迄沢山のファンに愛され歩んでこれた川島道行とBOOM BOOM SATELLITESは本当に幸せ者です」

「川島道行に代わって改めてファンの皆様、今迄携わって頂いた関係者の皆様に感謝の意を伝えます」

「今迄支えてくれてありがとう。これからも僕たちが創った音楽を共に過ごした時間と記憶を大切に、力強く生きていって下さい」

「そして、最後に一言だけ言わせて下さい。ブンブンサテライツでした!!」とコメント。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/

ネットでも川島さんの死を悼む声、惜しむ声が非常に多いと言えます。

それだけ多くの人に影響を与えたミュージシャンだったのでしょう。

川島道行、妻・須藤理彩とその闘病とは?

出典:http://scontent.cdninstagram.com/

川島さんは1997年、ベルギーからデビューしたその年に脳腫瘍が発覚します。

その後、2度にわたる手術をし、初期だったこともあり完治したように思われていました。

ですが、腫瘍は時限爆弾のように川島さんを蝕んでいたのです。

2012年に3度目の脳腫瘍が発覚し、3度目の手術となります。

ですが2013年には武道館で復活ライブを行うまでに回復します。

しかし病魔は再び川島さんに襲い掛かります。

翌2014年にまたも脳腫瘍がみつかります。

この時に「余命2年」と宣告されます。

既に手術も出来ない状態に陥っており、抗がん剤治療や放射線治療を行いながら活動を続けます。

2015年、5度目の脳腫瘍が発覚。

これまでと身体の状態が大きく違い、川島さんは音楽活動を休止せざるを得ませんでした。

2016年6月に最後のシングルリリースをもってバンドの活動は終了となりました。

妻の須藤さんは、2006年に川島さんと結婚しました。

つまり、川島さんが脳腫瘍と言う爆弾を抱えていると知りながら結婚したのです。

当然、辛い時の川島さんを献身的に支えながら家庭も守り、2人の子供も立派に育てあげました。

川島さんが生き続けてこれたのは、音楽もさることながら奥さんと子供のためと言う思いも強かったことでしょう。

結果として僅か10年の結婚生活となりましたが、何より濃密な結婚生活だったと言えるのではないでしょうか。

まとめ

今回はロックバンド「BOOM BOOM SATELLITES」川島道行が逝去!妻・須藤理彩とその闘病とは?などの情報をお届けしました。

川島さんは長く脳腫瘍と戦いながら音楽活動を続けてきました。

プロとして出発したと同時に、川島さんはその戦いに身を投じるしかなかったのです。

それでも、音楽を作り続け、演奏し続けてきました。

そんな川島さんの作る音楽は正に命を削り取ったものだったのでしょう。

ご冥福をお祈りしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ