とくダネ!小倉智昭が麻薬取締法違反で逮捕された犯罪者へ資金提供!逮捕された庄司容疑者との関係は?

小倉智昭さんと言えば、今や朝の顔としてすっかりお馴染みのキャスターです。

はっきりとした物言いで、世相をバッタバッタと切りまくるスタイルが人気を呼んでいます。

最近低迷のフジテレビですが、小倉さん担当の「とくダネ!」はそこそこに視聴率を稼いでいます。

しかし、今回小倉さんの大変な情報が入ってきました。

麻薬で逮捕された俳優の庄司哲郎容疑者に資金提供を行ってきたと言う問題です。

今回はこの問題についてお届けします。

事件の概要

出典:http://tn-skr2.smilevideo.jp/

8月25日、小倉さんが取締役を勤めるオーケープロダクションのタレント、俳優の庄司哲郎容疑者が関東信越厚生局麻薬取締部に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されます。

今回は所持で逮捕されていますが、検査をすれば使用も判明される可能性が高いでしょう。

そうなれば再逮捕となり、罪は重くなります。

また、今回逮捕した機関は厚生労働省管轄のいわゆる麻薬Gメンで、この機関は普通の警察とは違い、麻薬の拡散防止の性質が強い部署です。

となると、このルートからの麻薬汚染が考えられているのです。

もちろん、小倉さんがターゲットになっているかは明確ではありません。

しかし、徹底的に調べられることは間違いありません。

また、庄司容疑者の周辺は厳しく追及を受けるでしょう。

ある意味、再び芸能界震撼の事態だと言えます。

とくダネ!小倉智昭が麻薬取締法違反で逮捕された犯罪者へ資金提供!

出典:http://m.sponichi.co.jp/

出典:http://i0.wp.com/

小倉さんはお抱えタレントして仕事のない庄司容疑者にことあるごとに金銭を渡していたと言います。

もちろん、その使途について小倉さんがどこまで知っており、理解していたのかは判りません。

ですが、多い時は一度に4~50万円のお金を渡していたと言います。

これは、少し常識から大きく逸脱していると言えます。

しかし、「とくダネ!」で小倉さんが説明したところによると「資金源」と言われるのは納得がいかないそうです。

飽くまで「絵の才能を高く評価して」絵を買ったお金だと説明しました。

この説明は各方面が元々想定していた通りの答えでしょう。

では、庄司容疑者の絵がどの程度のものでしょうか。

出典:http://i0.wp.com/

出典:https://image.jimcdn.com/

小倉さんはこの絵に対して「本来なら100万円以上の価値がある」と語っています。

それを、対価よりもずっと低い30万や40万円で購入したと言います。

しかし、小倉さんがどう思おうと、この絵を画商が買うでしょうか。

ましてや100万円以上の価値があるなら、お金を無心しなくても生きていけるはずです。

正直なところ、この絵では5万円の価値もありません。

いわゆる「らしさ」や独特の技法も使っていません。

この程度はデザインを勉強した人間、油絵を学んだ人間なら大抵描けるレベルです。

もっと、言えば長く油絵を習っていれば中学生でも描けるでしょう。

これを「100万円以上の価値がある」と言うのであれば、正に芸術を見る目が小倉さんには全くないと言うことになります。

強気で説明したものの、絵が全てを物語っています。

この絵に30万も40万円も払っていたのであれば、完全に”色をつけた”購入額と言えるのです。

つまり、やはり小倉さんが庄司容疑者に渡していた金銭は「小遣い」と言えます。

小倉さんが本気で言っているなら良識を疑います。

小倉智昭と逮捕された庄司容疑者との関係は?

出典:http://i2.wp.com/

2人は同じ事務所のお偉いさんとお抱えタレントと言う関係です。

庄司容疑者は、BE-BOP-HIGHSCHOOLなどに出演していました。

しかし、その後鳴かず飛ばずで俳優の仕事は極めて少なくなります。

その為、肩書きを画家、タレント、ミュージシャンとしますが、これらの活動を見た人も少ないのではないでしょうか。

今回、小倉さんの資金提供の話がなければ、ニュースにもなっていない人物なのです。

2人の関係性を庄司容疑者は「パトロン」、「タニマチ」的な感じで小倉さんを語っています。

その時点で、「絵の購入者」と言う図式は消え去ります。

また、庄司容疑者は金を無心する時は「俺には兄貴しかいないんです」とメールを送っています。

本当に価値のある絵なら、小倉さんだけではなくそれなりに売れているでしょうし、お金を無心する必要はないでしょう。

また、似顔絵ばかりですから創作に悩んで薬に手を出すこともないでしょう。

もし、100万円以上の価値のある絵なら、年間4~5枚売れば独身の場合は少し贅沢に生きることが出来るほどのお金が入ってくるはずです。

小倉さんの強気の釈明は既に崩れ去っています。

また、立場で言えば社会的責任はゼロではありません。

そこのところ、人のスクープやスキャンダルはメッタ切りにする小倉さんはどう考えているのでしょうか。

麻薬Gメンが動いている限り、今回も芸能界は戦々恐々でしょう。

まとめ

今回は覚せい剤取締法違反で逮捕された庄司哲郎容疑者の資金源が小倉智昭さんであったと言う情報をお届けしました。

庄司容疑者の逮捕を受けて、9月1日の「とくダネ!」で釈明した小倉さんですが、社会通念上で考えると説明になっていません。

今回は絵が最大のポイントになるのですが、その肝心の絵が稚拙で小倉さんの説明は破綻しています。

絵の価値は買うものが決めるのではなく、買いたい人がどれだけいるかで決まってくるのです。

小倉さん基準で100万円以上の価値があるから30万、40万円で購入したのはむしろ得などと言う言い訳は通用しません。

今後、きちんと猛省して改めて謝罪などをすべきでしょう。

この記事を担当したのは「タクミ」でした!

large_1404846

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

下のSNSボタンでシェアやいいねを押して頂けると・・・スタッフが喜びます\(^o^)/

検索は「芸能 マゴッチ」で!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ