SMAP解散!!各方面に衝撃走る!真相は一体?今後の活動の最新情報

13日深夜ジャニーズ事務所から各方面にFAXが届きました。

それはSMAPの解散を正式に伝えるものでした。

今年2016年1月解散騒動が勃発。

ですが、解散を回避し自身達の冠番組「SMAP×SMAP」の番組冒頭で謝罪しました。

そして今回の正式な解散発表は何故なのでしょう。

今回はそんなSMAPの解散の真相や今後はどうなるなどの最新情報について調べていきます。

SMAP解散の真相

20160117210047oipiopi

出典:http://blog-imgs-88.fc2.com/

ファンや視聴者はこうなることを薄々感じていたのではないでしょうか。

1月の解散騒動、解散回避騒動以降5人での仕事は「スマスマ」以外なく、その「スマスマ」も異様な空気の中行っているのが目に見えて判りました。

一般視聴者の観覧を廃したことも逆効果だったとしか言いようがありません。

もし衆人環視の中、「スマスマ」の撮影をしていれば、あれほどあからさまな態度は出来なかったのではないでしょうか。

腫れ物を扱うように気遣ったことが、結果として逆効果だったと言えます。

無理にでも騒動前と全く同じ扱いで、同じように起用していれば、5人に確執があったとしても人目の中、気持ちのまま行動することは出来なかったでしょう。

5月には、既に隠居状態のジャニー喜多川氏までが表舞台に舞い戻り、「SMAPを解散させない、自分が守る」と宣言したばかりです。

もう1人の育ての親と言っていいジャニー喜多川氏の言葉をSMAPの5人はどんな風に聞こえていたのでしょう。

デビューして28年、CDデビュー25周年と言う歴史についてどう考えているのでしょうか。

後、2年もすればデビュー30周年です。

かつてそれほど長く活躍し続けたアイドルグループがいたでしょうか。

支えてくれたファンや関係者を思えば、1人の人間の為にグループを辞めることなど許されないことでしょう。

事の発端はSMAPの育ての親と言われたIマネージャーが作り出したSMAPのジャニーズ事務所独立騒動です。

メリー喜多川さんやジュリー喜多川さんなどに実権を握られ、自身の扱いが悪いこと、また公の場でメリー喜多川さんに「SMAPを連れて出て行けば」と言う言葉を鵜呑みにして独立を画策したことが全ての始まりです。

これに対し、世間は同情的な意見が多いようですが、彼女が我慢して事務所に留まり続ければ何も起こらなかったのです。

騒動の責任をとってIマネージャーが退職したように言われていますが、それ以前に退職の意を示していたのです。

つまり、この結果は全てIマネージャーが招いた結果なのです。

仮に独立劇が上手くいっていたとしても、結果的にはSMAPがSMAPとして活動することは出来なかったでしょう。

芸能界には不文律があり、こうした独立の場合、芸名の使用や楽曲の使用などは全て差し押さえられるものです。

多くの人が理解出来ていないのはSMAPほどのグループなら、全てが白紙になっても1からやっていけると考えていることです。

それは大きな間違いでSMAPほどの大物だからこそ、ジャニーズと喧嘩別れの様な形になれば受け入れ先もなければ、起用するテレビ局もないと言うことなのです。

大物過ぎるから看過出来ない、それがSMAPの置かれた立場だったのです。

歌う曲もなく、演じるドラマもなく、40歳前後のメンバーばかりのSMAPを誰が応援し、支援するのでしょうか。

これも全てIマネージャーの大きな勘違いと根回しの悪さが招いたことなのです。

1月の解散劇でメンバー間に決定的な溝が出来ました。

今回の騒動は表向きだけ見ればジャニーズ事務所の負けです。

つまり、Iマネージャーが私怨を晴らした格好になります。

それに加えてIマネージャーを被害者と捉える一般人が多いことも彼女にとってはしてやったりと言ったところでしょう。

しかし、大枠で捉えるとジャニーズ事務所も、Iマネージャーも、SMAPの存続に前向きではなかったメンバーもファンを無視したことは紛れもない事実です。

中でもIマネージャーを母親の様に慕っていた香取慎吾さんの反発振りは目に見えるほどで、プロ失格と言っても良いでしょう。

この7月には「ジャニーズを辞めたい」と言っていた香取さんを仲居さんが「もう1年だけ踏ん張ってみよう」と翻意したそうです。

しかし、当の仲居さんも騒動以降は「スマスマ」などで低いテンションを見せていました。

造反組の誰かが本気でやる気を見せていれば、解散は避けられたのではないでしょうか。

そして、その中心的役割を果たすのが仲居さんの役目だったはずです。

とりあえず頑張ってみると言う考えでは周囲がついてきません。

結局、全ての歯車が狂ってしまい、メンバー全員が疲弊してこれ以上頑張るという気持ちが出てこなかったのでしょう。

今後の活動などの最新情報は?

epyyneB34egMIqf

出典:http://up.gc-img.net/

ではSMAPメンバーの今後の活動はどうなっていくのでしょうか。

結局グループは解散しても全員がジャニーズに残留するということになりました。

木村さんは既に2017年のドラマが決定しています。

草なぎさんも同じく2017年にドラマが決まっているようです。

他の3人はまだ予定は未定です。

関係者などは木村さんや草なぎさんはある意味視聴率が取れるドラマ班なので、解散してもそこまで困ることはないと見ています。

仲居さんもMCなどで何とかなると見ています。

ですが、稲垣さんや香取さんは微妙な立場になるのではないかと見る向きが多いようです。

しかし、全員がSMAPの冠が取れてしまえば、現在のような活発な活動をすることは難しくなるでしょう。

とは言え、全員がジャニーズ事務所に残留することは再結成の目も見える話です。

恐らく、解散直後は各々の活動が注目されるでしょうが、SMAPもグループとして飽きられていたようにそれも長くは持ちません。

個々の活動が上手くいかなくなれば、冷却期間も出来ることで再結成と言うことも充分考えられるでしょう。

それまではしばらく見守るしかないようです。

まとめ

今回は大騒動になっているSMAPの解散騒動についてお届けしました。

1月の解散騒動回避から一転、結局解散を迎えることになった国民的アイドルグループSMAP。

日本にとって、これはある意味歴史的大ニュースです。

しかも、悪い意味でのニュースです。

木村さんは「無念」と語りましたが、ファンの思いも同じことでしょう。

今後、個々の活動をしていく彼等ですが、また再び結成できる日を心待ちにしましょう。

この記事を担当したのは「タクミ」でした!

large_1404846

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

下のSNSボタンでシェアやいいねを押して頂けると・・・スタッフが喜びます\(^o^)/

検索は「芸能 マゴッチ」で!

4 Responses to “SMAP解散!!各方面に衝撃走る!真相は一体?今後の活動の最新情報”

  1. 匿名 より:

    もうSMAP解散記事は終わってよくねえ!解散するんだから部外者があ~だこ~だ!言った所で何か変わりますか?もうほっとこうよ。真実はいつかわかるじゃん。その時まで待てばいいよ。ファンが購買運動してトリプルミリオン取った所で喜ぶのは作詞作曲した人が喜ぶだけじゃん、SMAP解散回避をしようなんて無駄だよ!解散するんだから。ファンの事なんか考えてられないよ。自分の事でいっぱいいっぱいだと思うよ。ファンの事なんか1ミリも考えてない。これが現実。SMAP解散も事実。

  2. 匿名 より:

    SMAPが解散にするなんて事務所は許さないで下さい!事務所をここまで大きくしたのはSMAPと言っても過言ではないはず。アイドル界のトップだよ。認知症だと言われてる人の口車にのってどうする、SMAPを終わらせないで!SMAPを守って。事務所がSMAPを守って。木村拓哉の結婚で15年前に空中分解した!って記事があったけどまだまだ元に戻るよ。木村拓哉と工藤静香が4人に謝罪して結婚の許しを得る!今更じゃない!今だからこそ謝罪が必要。

  3. 匿名 より:

    もうSMAP記事は止めてあげて‼あまりにも違う記事すぎて訳がわからない。イジメしてますよね。仕事にかこつけていい大人がいイジメてますよね。良い事って心に残らないけど悪い記事って心に残るんだよね‼SMAPはもう解散したんだから悪く書かないであげて。解散はメリー親子が飯島元マネージャーに難癖つけて追い出してSMAPも連れて出てけと言われ独立しようとしたら飯島マネージャーに止められて、一先ずジャニーズに残れ!となり残ったんだよね!元はと言えばメリー親子と飯島マネージャーが悪いんであってSMAP関係ないじゃん‼不当解散させられて可哀想に。ジャニーさんはメリー親子に罰は与えないのかな?

  4. 匿名 より:

    キムタクを支配してる工藤静香!執着するわな工藤静香はジャニーズキラーだしね。先輩方を食ってきたアイドルを物にするんだから執着するよ。工藤静香の言いなりでいいじゃん。キムタクはもう終わってんだから。キムタクに先は無いよ!何十年も共にした仲間を平気で裏切れる根性があるんたわからクズとしては立派だらよ。クズのホープだな。裏切り者よ工藤静香の元で犬と同じ扱いされてもガンバ。犬以下だったりして。グズだから仕方ない。裏切り者よガンバ。キムタクはもう終わってるよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ