能年玲奈が干された理由とは?洗脳や独立騒動と改名って何?

タクミです!

能年玲奈さんはNHK朝の連続ドラマ小説「あまちゃん」で一躍スターダムに上りました。

「あまちゃん」人気に乗り、その年、翌年と活躍してきました。

ですが、「あまちゃん」に出演していた他のキャストが活躍を続ける中、能年さんは姿を消していきました。

人気があった時にはバラエティ番組などにも引っ張りだこでしたが、今では全く見かけることがなくなったのです。

今回は能年玲奈さんが干された理由や洗脳、独立騒動、改名などの情報を追っていきます。

能年玲奈は何故芸能界を干されたのか?

20140822nounen

http://www.asagei.com/

能年さんは2013年、突如彗星の如く現れ一躍人気者になった女優です。

その大きな理由はNHK朝の連続ドラマ「あまちゃん」での主演、番組の高視聴率故です。

「あまちゃん」人気に乗って、その後もテレビに多く出演しました。

ですが、「あまちゃん」以外に代表作と呼べるものはありません。

mainamacyan1

https://www.nhk-book.co.jp/

2015年になり、能年さんの姿をテレビで見ることはスッカリ無くなりました。

その発端となっているのが個人事務所を設立したことにあるとされています。

しかし、所属事務所であった「レプロ」とは2016年6月まで契約が残っていました。

その為、ゴリ押しでの独立騒動となった訳です。

独立には給与が仕事の割に低過ぎるなどの理由があった様ですが、これは一方の意見でしかありません。

事務所側は歩み寄りの為の話し合いの場を設けたりした様ですが、能年さん側は徹底抗戦のスタンスだった様です。

それでも能年さんに真の人気や実力があれば芸能界を干されることはなかったでしょう。

ですが、残念ながら「あまちゃん」以降は全ての出演作でコケています。

これでは芸能事務所を敵に回しても使いたいと思う関係者はいないでしょう。

能年玲奈独立騒動の陰に怪しい人物の洗脳が?

maxresdefault

https://i.ytimg.com/

能年さんが独立騒動を起こしたもう1つの原因として囁かれているのが洗脳です。

洗脳と言えば、元オセロの中島知子さんやXJapanのToshiさんなどの騒動が記憶に新しいところです。

有名人には怪しい人物が多くすり寄って、甘い汁を吸い尽くす傾向があります。

能年さんもご多分に漏れず、怪しい人物がすり寄っていました。

その人物が自称振付師&演出家の滝沢充子さんと言う人です。

別名「生ゴミ先生」とも呼ばれています。

94ad2604

http://livedoor.blogimg.jp/

恐らく一般の人でこの滝沢さんの顔や経歴を知っている人は少ないでしょう。

能年さんが設立した会社が「株式会社三毛andカリントウ」と言います。

代表取締役は脳年さんですが、それ以外の取締役は滝沢さん1人です。

滝沢さんは能年さんの唯一の友人と言うこともあり、能年さんは疑うことすらしない様です。

滝沢さんは能年さんの「育ての親」を自称するほどで、自身のサイトなどで吹聴しています。

脳年さんも能年さんの両親も、この滝沢さんに全幅の信頼を寄せている様です。

しかし、結果として独立騒動は能年さんのプラスにはなっていません。

また、滝沢さんと言う人物の活動も極めて怪しく、マネジメント能力があるとは思えません。

滝沢さんと関係が続けば能年さんが再び芸能界で浮上することは困難でしょう。

能年玲奈が今更の改名?芸名は一体どんな名前?

843largenounen

http://img.yaplog.jp/

そんな能年さんですが、今年2016年6月いっぱいで元の所属事務所との契約が切れました。

その時期に合わせて能年さんは立て続けに週刊誌のインタビューに登場しました。

ほとんど休業状態だった能年さんは改名して活動再開に意欲的な様です。

改名後の名前は「のん」だそうですが、これまでのキャリアは溝に捨てたも同然です。

また、元の所属事務所「レプロ」は2015年の休業状態だった分の契約延長を求めています。

勝手な独立騒動で仕事がままならなかったことを考えれば当然の要求でしょう。

逆に言えば、この要求に応えれば今後の活動の行方も変わってくるでしょう。

しかし、能年さん側はこの要求に応える気はさらさらない様です。

改名の理由は元所属事務所「レプロ」側の要求です。

法的にも業界の慣習的にも改名は免れなかった為です。

業界関係者は今後の活動に関して厳しい見方をしています。

世間一般の訴求感も既にない為、余程のことがない限り能年さんの再浮上は難しいでしょう。

まとめ

今回は女優の能年玲奈さんの干された理由や洗脳、独立騒動や改名の情報をお届けしました。

2013年、2014年は毎日テレビで顔を見ない日がないほどのブレイク振りだった能年さん。

しかし、今やスッカリ顔を見ることがなくなりました。

所属事務所からの独立で干される事例はこれまでも多くありました。

にも関わらず独立しようと考えてしまう芸能人は自分を過信してしまっているのでしょう。

今後、能年さんが再浮上する確率は低いでしょうが、どうなっていくか経緯を見守っていくしかありません。

 

この記事を担当したのは「タクミ」でした!

large_1404846

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

下のSNSボタンでシェアやいいねを押して頂けると・・・スタッフが喜びます\(^o^)/

検索は「芸能 マゴッチ」で!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ