古市憲寿の結婚や出身は?子供と女性が汚いで炎上も!

マッキーです!

古市憲寿さんはほとんど、一般的には知られていない社会学者の1人!

イケメン社会学学者と一部では言われていますが…。

今回は、古市憲寿さんの結婚や出身など会社について!

また、子供と女性が汚いと発言し、炎上もしたそうで。(笑)

古市憲寿さんに迫っていきましょう!

→瀬戸大也が少女時代のドッキリで炎上!韓国に洗脳された!?

→ファンキー加藤は性格が悪いと言われる噂を集めてみた!

古市憲寿の出身は?

古市憲寿 結婚 出身 子供 女性 汚い 炎上

出典:http://www.asahi.com/

古市憲寿(ふるいち のりとし)さん(30歳)の出身は東京都です。

古市憲寿さんの名が知られたのは、それこそ本当のイケメンである

俳優の佐藤健さん

と同じ高校の出身であること。

古市憲寿さんは、佐藤健さんと同じ高校出身ですが…。

接点は全くありません。(笑)

正直、話題にするほどの話ではありません。

埼玉県立越谷北高等学校と言い、偏差値は67。

かなり頭脳的には、明晰で無ければならないでしょう。

しかし、佐藤健さんは俳優業ですから!

いわゆる「学者」になるほどの偏差値とは言えません。

ただ、古市憲寿さんは卒業後に頑張って、慶應義塾大学環境情報学部。

その後は、東京大学院総合文化研究所にも入学しました。

古市憲寿 結婚 出身 子供 女性 汚い 炎上

出典:http://blog.fujitv.co.jp/

現在は限定された企業には属せずに、研究室にいるようです。

しかし、最近は物議を醸す得体の知れないコメンテーターが増えました。

少し前は、教育問題やネット問題を主に扱う古谷経衡氏など…。

古市憲寿 結婚 出身 子供 女性 汚い 炎上

出典:https://twitter.com/

・言っている事も不明

・見た目も討論にはマイナス

・論破されまくり

と言ったいわゆる似非が多いのです。

この古市憲寿さんも例に漏れず…。

ただセンセーショナルな事を言っていれば

有名になれる

とでも言わんばかりの、問題発言を繰り返します。(笑)

古市憲寿の子供や女性が汚いが炎上!

古市憲寿 結婚 出身 子供 女性 汚い 炎上

出典:https://www.kin.co.jp

古市憲寿さんは

女性との性的関係

子供が大嫌い

だと言います。

しかし、社会学の学者ともなれば…。

この二つは切っても切れない重要で大きな要素である訳で!

それを頭から否定する社会学の学者は、何を以て社会と考えるのでしょうか。(笑)

子供が嫌いな理由は「汚い」

性的な行為も「汚い」

全てが「汚い」の一言で済んでしまう軽薄さです。

また、愛する女性との「唾液の交換」も好きではないと言ってのけます!

唾液の交換と書いたが、要はキスの事ですね。

しかし、生物学的には「唾液の交換」が最も重要な行為で!

人間も動物的判断で自身の遺伝子に、不足しているものを感じ取る訳です。

それで、自身に不足しているものを持っている異性を選択してしまうのですが!

それを「嫌い」と言いのけるのは、潜在化に

自分の生物としての自信の無さ

を露呈していると言えます。(笑)

多くの人は気付いていないのですが、「嫌い」、「避けたい」と思っている顕在意識は…。

実のところ潜在意識的に受け入れる

自信の無さ

を顕現してしまっている行為なのです。

古市憲寿はただ自分の趣味を語っているだけ?

古市憲寿 結婚 出身 子供 女性 汚い 炎上

出典:http://business.nikkeibp.co.jp/

社会学の先生は心理学や精神学、生物学は学ばないのでしょうか。

自身の嗜好は、確かに人それぞれで自由なものですが!

公的な場で公表すれば、学者と言う立場上、個人の好き嫌いでは通らず。

自身の学者としての資質を、問われる事になるのです。

そう言う意味でも古市憲寿さんは社会学の学者でありながら…。

精神医学的には。社会不適応者と言う事になります。

社会不適応者は、どんな考えを持っているかではなく!

どれだけ表に出してはならない

自身の嗜好や思考を表に出し

それがどれだけの弊害をもたらすかで決まるのです。

例えば、子供が汚いと言いますが…。

現代の子供は異常な程キレイで、このままでは免疫力不足になり!

アレルギー性の病気は増えていくばかりです。

もっともっと、子供は汚くあるべきで、常に菌に触れあっているべきなのです。

でなければ、身体の免疫機能は低下するばかりなのです。

近年、一昔前には無かった病気の蔓延は

人間の無駄な開発

によるものと言う側面以外に、この潔癖さ加減が助長している事は間違いありません。

この程度の事は、社会学を専門とするならば知る必要性がある事です。

人間が体液を交換する行為も、これに似たものがあります。

・より強い人間を作る

・免疫力に優れた子孫を残す

と言った意味合いでも極めて重要な事なのです。

人間が健全に存在しなければ、社会も存在しません。

社会が存在しなければ社会学も必要無いのです。

と言うことは、社会学の基礎となる部分は、人間の存続であり!

人間が社会を形成できる状況下にあると言う事が、大前提。

社会学を専攻するならば自身も率先して、そこへ身を投じることこそが社会学の一歩なのです。

人が、コミュニティを形成し、その規模が大きくなり社会を営む事になるのですが。

そこに至る知恵や、本能に根ざした生命を紡ぐ方法、それが社会学の基本でしょう。

それを毛嫌いしておきながら

「必要なもの」

と語ったところで何の説得力もないのです。

人の趣味嗜好は、人の自由ではありますが。

それを公言することで社会はどんな反応を示すのか?

予め考えておく事もまた、社会学の一歩でしょう。

古市憲寿さんは、こんな人ですから、現在は彼女もなく1人身だそうです。

古市憲寿は結婚しているのか?

古市憲寿 結婚 出身 子供 女性 汚い 炎上

出典:http://dot.asahi.com/

古市憲寿さんはもちろん

結婚もしていなければ

子供も当然いません。

前述で述べた通り、彼女もいないです。(笑)

社会学の先生は小さなコミュニティさえ持っていないと言う事になります。

つまり、古市憲寿さんの社会学は飽くまで…。

机上の理論

でしか無いと言う事です。

その理論には、それほどの価値はあると思えません。

何でも、歯に衣着せぬ意見を言えば良いと言う、ものでもありません。

立場を超えて発言する場合は、その地位を失うだけの覚悟が必要なのです。

子供や女性が汚い発言もあり、結婚はまだまだ出来ないでしょう。

また、古市憲寿さん自身、結婚を望んでいないでしょうね。(笑)

まとめ

いかがでしたか。

今回は社会学学者の古市憲寿さんにスポットをあててお送りしました。

出身や結婚など、子供と女性が汚い発言等など。

批判的な意見に終始しましたが…。

それぞれの立場で有益な情報を提供すると言う行為は!

その、「立居振舞」は極めて重要だと言う事の裏返しでもあるのです。

得体の知れない評論家が多い現代社会ですが。

いるだけ無意味な評論家と言うのは確実に、存在するのです。

教育現場や、現代の教育システム、家庭での教育の在り方を知らずに!

ネットの情報だけを鵜呑みにして、コメントしている為にあっさり論破されるのです。

正に評論家もただのネットの申し子でしかなく。

それに反論しているものも、ネットの申し子と言う皮肉な状況です…。

今後は有益な情報を提供してくれる評論家の登場に、期待したいものです。

この記事をまとめると!

・古市憲寿の出身は東京都である

・結婚はしていない

・実際に子供や女性が嫌いなので結婚は、まだまだ先の話でしょう

と言う結果になりました!

この記事を担当したのは「マッキー」でした!

large_1404846

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

下のSNSボタンでシェアやいいねを押して頂けると・・・スタッフが喜びます\(^o^)/

検索は「芸能 マゴッチ」で!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ