ロッテ・井上晴哉はアジャに似てて体重は?ハーフや嫁、子供はいるの?年俸や実力も調査!

Pocket
LINEで送る
Pocket

プロ野球選手でロッテに所属している井上晴哉さん。

アジャに似てるって事ですけど、体重は何キロあるんですかね?

ハーフでしょうか?お嫁さんや子供はいるのかな?

年俸や実力など色々と調べて見ましょう。

井上晴哉さんとは?アジャに似てて体重は?

井上晴哉(いのうえせいや)さんは1989年7月3日生まれの現在29歳。

広島県広島市東区出身。

身長180センチ、体重114キロって事ですね。

これが公式っていうか以前のものですけど、それでも114キロって重いですよねっww

野球選手としてどうなんだろう?ってちょっと思っちゃいますけどね。

だって動けなくない?

まあ、良いんですけどねwww

実は出生時の体重が約5200グラムってことで、ここからして巨大ですよね。

5キロ越えなんているんですねっwww

3歳から野球を始め、小学校は軟式野球「温品ヤングウルフクラブ」、中学時代は「広島スターズ」に所属していました。

崇徳高校では1年秋から4番を務め、2006年2年夏の広島県予選では、準優勝。

高校通算31本塁打を放っていますが、甲子園出場は無かったという事。

中央大学に進学後、東都大学野球リーグで活躍し2年秋には打率.359で首位打者を獲得し、ベストナインに選出されています。

2年春から3年秋までは3シーズン連続で、打率4割を超え、3年秋には5割を記録。

もの凄い活躍ですよねwwww

その活躍もあって2010年夏に開催された第5回世界大学野球選手権大会の代表選手に選出されています。

中央大学卒業後は日本生命に入社。

社会人野球でも活躍していましたし、日本代表にも選出されて、打線の中軸として活躍していました。

2013年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから5位指名され、契約金5000万円、年俸1200万円で入団しています。

プロ入りが社会人からってことで、まだあまりプロとしての実績もないですよね。

本格的に活躍したのは2018年ってことなのかな?

今後さらなる活躍を期待したい選手ではありますよね。

なんといってもアジャさんに似てるっていうだけでもキャラがあります。

体重も現在は120キロ近いみたいですけどね・・・

オフに下半身を鍛え、6キロ増って事ですけど、本当に動けるのかな?

日本人選手最重量記録を更新って事ですけど、筋肉が増えたのなら問題無いかな?

下半身トレーニングに取り組み、昨年の倍となる週4日、ウエートトレーニングを行ったという事。

また140キロの負荷を背負ってスクワットなどかなり下半身をイジメ抜いているみたいですね。

昨年は本塁打24本と打ちましたけど、後半はバテてきたっていうのがあるみたいですからね・・・

「3割、30本、100打点」という目標があるってことで、頑張って欲しいです。

ハーフなの?嫁や子供は?

井上晴哉さんはアジャっていう愛称ですけど、ハーフなんでしょうか?

顔立ちもハーフと言えばハーフに見えなくもないですけど・・・

調べて見ると純粋に日本人であることがわかりました。

日本人でもこれだけ大きくなれるんですね・・・

羨ましいって感じます。

まあハーフ疑惑はアジャ・コングさんが黒人系アメリカ人の父親で、日本人の母親のハーフって事もありますし、勘違いしているって気がします。

さて、次に井上晴哉さんのお嫁さんの紹介です。

2015年の3月に結婚していてお嫁さんは埼玉県出身で4歳年下の元歯科助手で近辻玲緒(ちかつじれお)さんという方ですね。

出会って1年、交際して6ヶ月というスピード結婚だったようです。

2014年の沖縄県石垣島のキャンプに訪れていた玲緒さんと握手をしたのがキッカケということで、玲緒さんが井上さんのファンだったと言うことですかね?

そのときには連絡先も交換せず普通に別れたようですが、その後、試合観戦に訪れたときに運命の再開を果たして交際に発展。

そして結婚って事ですね。

実は玲緒さんの父親は中学校の英語教師で野球部の監督と言うこと。

父親は阪神の大ファンで、子供達の名前はプロ野球の球団名に由来しているって事です。

だからお嫁さんは玲緒なんて名前なんですね・・・お兄さんは大河(たいが)ってことですよwww

本当に野球が好きなんですね。

なので、玲緒さんも野球が好きなんでしょう。

井上晴哉さんとの結婚は運命だったのかもしれませんね。

2015年には子供も誕生しているようで、まだ3歳ぐらいですかね?

可愛い盛りでしょうwww

年俸や実力も調査!

井上晴哉さんの年俸も徐々に上がってきています。

1年目は1200万円、2年目は1250万円、3年目は1100万円、2017年は1400万円、2018年は1350万円、そして現在は5000万円です。

約270%アップの年俸になりました。

それだけ2018年は活躍しましたからね。

4番のレギュラーに定着し自己最多の133試合に出場しました。

本塁打も24本とまずまずですよね。

恵まれた体格を活かしたパワフルな長打力と広角に打ち分ける技術があるって事で、実力もあります。

特に右方向への柔らかさのある打撃は評価されていますね。

昨年の実力が本物だったと示すためにも2019年は大事になります。

1億円プレイヤー目指して頑張って欲しいですね。

また今季からZOZOマリンスタジアムは外野フェンスが最大4メートル手前にせり出します。

そのため本塁打も増産出来るかもしれませんよね。

そしてそうなれば打点も増えるでしょう。

30本塁打、あるいは40本塁打なんて期待もしちゃいますよね。

ホームラン王でも獲得して欲しいです。

応援しています!

プロ野球選手の記事はこちら↓

西勇輝が阪神入りを否定!?FA移籍先はどこ?成績や年俸、お嫁さんもチェック!

サファテはソフトバンクで活躍!広島や西武時代は?退団理由や嫁も調査!

Pocket
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ