HKT48の宮脇咲良&矢吹奈子が2年半IZ*ONE専任に!松井珠理奈との確執が原因?!

Pocket
LINEで送る
Pocket

人気アイドルHKT48のトップ3である宮脇咲良さんと矢吹奈子さんが2年半の活動休止を発表しました。

この2年半は、日韓合同グループ「IZ*ONE」の活動に専念すると言う事のようです。

突然の発表に、ファンの多くは落胆と驚愕の声を上げていますが、その裏には何があったのでしょうか。

今回はHKT48の宮脇咲良&矢吹奈子が2年半IZ*ONE専任に!松井珠理奈との確執が原因?!などの情報をお届けしていきます。

HKT48の宮脇咲良&矢吹奈子が2年半IZ*ONE専任に!

人気アイドルグループHKT48のトップ3メンバー、宮脇咲良さん、矢吹奈子さんが2年半限定で活動休止する事が判りました。

休止の理由は、日韓合同アイドルグループ「IZ*ONE(アイズワン)」の活動に専念する為との事です。

IZ*ONEは韓国の人気オーディション番組とAKB48グループがコラボした企画「PRODUCE48」で誕生した12人グループです。

日本人メンバーは宮脇咲良さん、矢吹奈子、AKB48の本田仁美さんの3人だけで、残る9人は韓国人メンバーで構成されており、正直なところ日本人の活躍の場は少ない様に感じます。

IZ*ONEの日本人メンバーの3人は11月28日リリースのAKB48 54thシングル「NO WAY MAN」に選抜入りし、センターを宮脇さん、その両サイドを矢吹さんと本田さんが務める事が決まっています。

3人はこのシングルを休止前の日本での最後の仕事と位置付け、その後は2021年4月間で「IZ*ONE」の活動に専念するとのこと。

また、握手会に関して宮脇さんと矢吹さんは9月29日福岡県で開催される握手会が最後になるそうです。

この報にネットでは・・・・。

・*☆*キタキタ――(σ´∀`)σ――ン!!!!*☆*

・戻ってくるところは多分なくなってるわ 

・辞めるの認められずに異動かw

・キモオタ激怒

・これ実質HKT終了でしょ

・AKBはまだしもHKT自然消滅しそうだな

・じゅりな様に喧嘩を売る方が悪い 

・というか本体終わりでしょ。なぜこれでミリオン売れるのかミステリー 

・台湾支店とか放置状態だったのに韓国にはこの超待遇 

・ SKEは松井より売れそうなかわいい子は何故か逃げ出してるよw、お察し下さい

・これイジメられたりしないの? 

・日本国内は完全に坂道シフトしてるから居ても意味ないかな 

・奈子はあかんやろ奈子は

・途中で宮脇の心が折れて卒業発表したら笑えるwww

引用元

IZ*ONE移籍は松井珠理奈との確執が原因?!

今回の宮脇咲良さんや矢吹奈子さんのIZ*ONEでの専任宣言は、今年の「AKB世界選抜総選挙」で起きた松井珠理奈さんとの確執が原因なのではないかと言われています。

宮脇さんはこの総選挙で3位になったのですが、指原莉乃さんが今回は選挙を辞退しており、その席を死守すると公言していました。

しかし結果が出ず、3位になった事に対して失意のコメントをしたのですが、初の女王となった事が確定した松井さんがその後ろでガッツポーズなどしていた事で炎上しました。

更に、翌年から総選挙を辞退するとした宮脇さんに対して「次も出てくれないとSKEでワンツーフィニッシュになっちゃう」などとスピーチで挑発。

また松井さんは「ライバルになってくれて有難う」と言ってみたり、失意の宮脇さんを自分のスピーチ中に呼んでハグするなど、ファンからすると宮脇さんを晒し物にしているのではないかと言われました。

総選挙に勝利した松井さんですが、その後体調を崩して活動休止していたのですが、先頃松井さんが復帰し、その直後のIZ*ONE専任の話でした。

ネットなどでは、松井さんが圧力をかけて追い出したと言う話なども出ていますが、流石にそこまでの権力を松井さんが持っているとは考えられません。

むしろ、宮脇さんが松井さんがトップのグループに居たくないと避けた感が強いと言えるでしょう。

まとめ

今回はHKT48の宮脇咲良&矢吹奈子が2年半IZ*ONE専任に!松井珠理奈との確執が原因?!などの情報をお届けしました。

HKT48の人気メンバー宮脇咲良さんと矢吹奈子さんが、2年半活動を休止し日韓合同アイドルグループIZ*ONEの専任となる事が判りました。

今年の総選挙でSKE48の松井珠理奈さんと確執が出来たと言われており、それがグループから離れる原因なのではと見られています。

今後、宮脇咲良さんと矢吹奈子さんがIZ*ONEでどんな活動をしていくのか注目していきましょう。

Pocket
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ