”神の子”格闘家・山本KID徳郁が死去!各界から悼む声が!

Pocket
LINEで送る
Pocket

総合格闘技の選手として活躍した山本KID徳郁さんが、41歳の若さで亡くなりました。

今年2018年8月26日に自身のインスタグラムで癌を患い闘病中である事を明かした矢先の出来事でした。

あまりの早い死に、各方面に大きな衝撃が走っているようです。

今回は”神の子”格闘家・山本KID徳郁が死去!各界から悼む声が!などの情報をお届けしていきます。

”神の子”格闘家・山本KID徳郁が死去!

総合格闘技選手の山本KID徳郁さんが18日に亡くなった事が判りました。

KIDさんの主宰するジム「KRAZY BEE」は次の様に発表しています。

山本KID徳郁を応援して下さった皆様へ

山本KID徳郁(享年41歳6ヶ月)が、本日9月18日に逝去致しました。

生前に応援、ご支援をして頂きました関係各位、ファンの皆様に本人に変わり(原文ママ)御礼申し上げます。

尚、山本家、家族、友人への取材はご遠慮頂き、ご配慮頂けます(原文ママ)ようお願い申し上げます。

KRAZY BEE

KIDさんはこの8月26日に自身のSNSサイトで癌を患っている事を明かしましたが、癌の詳細は判明していません。

KIDさんは公表する以前より、急激な激痩せをしており、ファンの間でも何らかの病気ではないかと噂になっていた矢先のカミングアウトでした。

一部報道では既に2年前から「消化器系の癌」を患い、グアムの病院で治療していたと報じられています。

その時期にKIDさんは、グアムのレストランで撮影された写真で車椅子に乗っており、かなり痩せている様子を見せていました。

KIDさんの刺青の多さに肝炎から肝臓癌に移行したのではないかとも言われていましたが、今回KIDさんが亡くなられた事で「胃癌」であった事が公表されています。

SNSのカミングアウトには、様々な人から応援、激励のコメントが寄せられ、KIDさん自身も「病気を克服する」と闘病に前向きでしたがこの様な残念な結果となってしまいました。

この報にネットでは・・・・。

・切ってれば生き延びたかも知れんな

・転移したんかな

・若いと癌の進行も速いんだね( ´・ω・)

・最近多すぎない?

・神の子死んじゃったか・・・若いと早いねえ・・・

・格闘家でもガンには勝てないのか、ご冥福をお祈りいたします 

・格闘家だけではなくアスリートも短命だよな 

・病状の進行の早さからスキルスやろな(´・ω・`) 

・はえーな、公表した時には終末期医療っぽかったけど 

・格闘家とか体に悪そうだもんな

・あのヤセコケた写真を公開した時点で、訃報の予告だなと思ってた

・スレタイ見た瞬間時間止まって開いた口が塞がらなかったマジかよ…

・倒しにいくスタイルと筋肉から良い意味で日本人も変わったと衝撃的だった選手。ご冥福をお祈りします 

引用元

山本KID徳郁の訃報に各界から悼む声が!

41歳の若さで亡くなった山本KID徳郁さんですが、早過ぎる死に各方面からコメントが多く寄せられているようです。

KIDさんが闘病生活であることを公表した際、応援メッセージを送ったかつてのライバル魔裟斗さんは「先程、KIDの悲報を知りました。2004年大晦日に対戦して以来、格闘技界を一緒に盛り上げてきた大事な仲間が逝ってしまった」とショックを隠し切れないようです。

更に「公園で偶然会った時にはリングとは違う優しい顔でお子さんと遊んでいた姿が印象的でした。2015年に対戦した時には試合終了後に『また10年後に!』と言っていたのにとても残念です。心よりご冥福をお祈り致します」と続けました。

レスリング五輪3大会連続金メダリストの吉田沙保里さんは「KIDさん、早すぎるよー!お別れも出来ず残念でなりません。心からご冥福をお祈り致します」としました。

プロレスラーの鈴木みのるさんは「すごくショックだ・・・ご冥福をお祈りします・・・おつかれさま」と失意の思いを明かしています。

KIDさんの元妻であるモデルのMALIAさんは「急な事に頭も心も整理がつきません」と所属事務所を通じてコメント。

追悼コメントは著名人、一般人問わず、まだまだ投稿され続けているようです。

KIDさんが、いかに愛された格闘家であるかを偲ばせますね。

まとめ

今回は”神の子”格闘家・山本KID徳郁が死去!各界から悼む声が!などの情報をお届けしました。

格闘家の山本KID徳郁さんが、癌発表から僅か1ヶ月、41歳の若さで亡くなりました。

余りの早い死に、業界内外問わず驚きと落胆の声に包まれています。

山本KID徳郁さんのご冥福をお祈り致します。

Pocket
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ