名脇役女優・菅井きんが享年92歳で死去!認知症や要介護状態だった?

Pocket
LINEで送る
Pocket

ドラマでは大河ドラマをはじめ、NHK朝の連続テレビ小説、「必殺仕事人シリーズ」など親しまれ、映画では「人間の証明、「砂の器」、「お葬式」などで重厚な役どころを見事に演じていた女優の菅井きんさん。

その菅井きんさんが8月10日午後2時頃、心不全の為に都内の自宅で亡くなっていました。享年92歳の大往生と言えます。

菅井さんは、2010年のドラマ出演を最後に8年間休業状態でした。

今回は名脇役女優・菅井きんが享年92歳で死去!認知症や要介護状態だった?などの情報をお届けしていきます。

名脇役女優・菅井きんが享年92歳で死去!

今年は異常気象も続き、大災害が既に頻繁に起こっていますが、芸能界も激震が起り過ぎているといった感が否めません。

時代劇の「必殺仕事人シリーズ」などでもお馴染みの女優・菅井きんさんが都内の自宅で心不全で亡くなりました。

10日の午後2時頃身内が見守る中、逝ったと言います。享年92歳でした。

では、ここで菅井きんさんのプロフィールを振り返ります。

名前:菅井きん(すがいきん)

本名:佐藤キミ子(さとうきみこ)

別名義:須斎キミ子(すさいきみこ)

生年月日:1926年2月28日(没年:2018年8月10日 92歳没)

出生地:東京府東京市牛込区(現:東京都新宿区)

血液型:B型

身長:155cm

体重:45kg

趣味:編み物、パッチワーク、麻雀、旅行、ゴルフ、ボウリング、水泳、スキューバダイビング、登山、太極拳、気功

特技:三味線、茶道

最終学歴:頌栄高等女学校卒業

所属事務所:株式会社仕事

引用元

女優・菅井きんさんが亡くなった。92歳。晩年まで活躍され、とてもチャーミングな女優さんだった。ご冥福をお祈りします。#菅井きん #訃報 #ゴジラ #必殺仕事人 #TRICK pic.twitter.com/EeuQmbdx5K

— やすべい (@yasubei0319) 2018年8月23日

菅井きんさんは1946年「東京芸術劇場研究所」に入所し、翌1947年に舞台「林檎園日記」で舞台デビュー。

1951年には「風にそよぐ葦」で映画デビューし、その後は立て続けに映画やドラマに出演してきました。

特に母親役などでは欠かせない名バイプレイヤー振りを如何なく発揮しました。

1973年には47歳にして「必殺シリーズ」の姑役・中村せん役で出演。

同年、大人気ヒットドラマ「太陽にほえろ!」では松田優作さん演じるジーパン刑事の母親役も演じ1年に2本ものヒット作に出演する事になりました。

若い人には1994年のドラマ「家なき子」での「鬼婆」のごとき演技を憶えているのではないでしょうか。

更に意外な事ですが菅井さんは2008年の映画「ぼくのおばあちゃん」で82歳で映画初主演し、世界最高齢映画主演女優としてギネス認定もされています。

ドラマは何と153本以上、映画も100本近い数に出演、ドラマはシリーズものは1話ずつ数えていないので、それも含めると膨大な本数に出演していることになります。

そんな菅井さんですが、8年間の休業状況にあったものの亡くなる2ヶ月前にも大好きなタバコをやめていなかったと言います。

菅井さん曰く「女優もたばこも命がけ」ということで常にこの言葉が口癖だったそうですね。

最終的には老衰と言うことの様で、大往生と言って人生と死に様だったのではないでしょうか。

この報にネットでは・・・・。

・婿殿!

・好きな女優さんだったけどな

・まじか今年一番ショックなニュースだわ 

・今年は一時代を築いたような人が亡くなりすぎだよな

・津川さんも逝ったし必殺の役者続くな

・貴重な初代ゴジラ女優がああああ 

・また一人名女優が去ったか

・今他に、「長時間正座で収録が出来る」あのレベルのおばあさん役になれる人って居るのかな?

・こんな女優がいない今はツマラナイな 

・どんどんと凄い勢いで昭和が遠ざかって行く

・大往生です。ご冥福をお祈りします

・ああ今年の訃報の中ではかなりショックレベル高い

引用元

菅井きんは認知症や要介護状態だった?

そんな菅井きんさんですが、2010年映画「瞬 またたき」の出演を最後に休業に入りました。

厳密には女優活動を休止したようですが、当初は不透明に休業となっていた為に何故なのかと噂になります。

と言うのも、菅井さんは80歳を超えても元気な姿を見せ、仕事に励んでいたからに他なりません。

にも関わらず、何故急に仕事を辞めてしまったのかと視聴者は心配したようですね。

こうなると色々な憶測を呼ぶもので、菅井さんが辞めたのは認知症になり「要介護3」の認定を受け、特別養護老人施設で生活しているなどのの噂が出ました。

特別養護老人施設で生活はしていたようですが、認知症で「要介護3」の認定を受けたということについては情報バラエティ番組に休業後初めて出演し、強く否定しました。

実のところ、菅井さんの休業の理由は2010年に自宅で転倒、大腿骨を骨折し、その事が起因して自分の足で歩くことが困難になったからと言うのが真相の様です。

ただ骨折は治ったものの後遺症が残り歩行困難は変わらなかったようで、菅井さんは仕事復帰について「もう女優じゃないです。無理ですもん」と話していました。

まとめ

今回は名脇役女優・菅井きんが享年92歳で死去!認知症や要介護状態だった?などの情報をお届けしました。

名バイプレイヤーとしての名前に相応しい大女優の菅井きんさんが10日に心不全で亡くなりました。

大きな病気や、傷害などもなく92歳で亡くなった菅井さんですが、正に大往生と言えますね。

菅井きんさんのご冥福をお祈り致します。

Pocket
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ