りゅうちぇるがタトゥー公開で非難を受け反論!子供の名前がリンクも考えもの?!

Pocket
LINEで送る
Pocket

タレントのりゅうちぇるさんは、ここ最近結婚や子供が出来た事で再びテレビで見掛ける事が増えてきました。

そんなりゅうちぇるさんですが、最初の頃の印象とは違い、自身の身の丈に合わない事を主張し始めて妙な方向性に走っている事で一時の人気はスッカリ無くなっています。

そんな中、インタグラムやツイッターでタトゥーを入れたと告白、更には画像の公開までしてまたもや批判を浴びています。

今回はそんなりゅうちぇるがタトゥー公開で非難を受け反論!子供の名前がリンクも考えもの?!などの情報をお届けしていきます。

りゅうちぇるがタトゥー公開で非難を受け反論!

タレントのりゅうちぇるさんが、インスタグラムやツイッターでタトゥーを入れたことを告白し、大きな批判の声が上がっています。

そんな批判に対し、火に油を注ぐだけにも関わらずりゅうちぇるさんは21日夜にインスタグラムを更新、コメントに対し反論と言える持論を展開しました。

りゅうちぇるさんはまず「冷たいコメントだけ残し、ぼくのことを一瞬で嫌いになるのが本当なら驚きです」と発言。

続けて「それなりに予想はしていたけど、こんなにも偏見される(原文ママ)のかと思いました。こんなに偏見のある社会どうなんだろう。仕方ないよね。ではなく、僕は変えていきたい」と言う偏見を披露しました。

そもそも偏見が良くないと言うのは、自身でも致し方なく抱えてしまった諸々の問題について曲がった見方や差別をすると言う事が限定で、個人の自由で行ったものまで認めなくてはならないと担保したものではありません。

そもそも、りゅうちぇるさんは有名人になる前からタトゥーがあった訳でもなく、今更ながらにタトゥーを入れて、しかもそれを自慢気に明かしてしまったのですから、賛否が出るのは当然の事であり、それを認めない批判的に見ると言うりゅうちぇるさん自身が偏見の塊と言えるでしょう。

りゅうちぇるさんはタトゥーを入れた理由として「結婚して、子供がいつかできたら、家族の名前を身体に刻もう。と結婚する前、3年前から決めてました。その3年で沢山考えて、それなりの覚悟で入れました」と話しています。

しかし、ネットなどでは「だから何、そんな事は言わなければ発表する必要もない事」と一瞥されています。

コメントで「公共の場、日本の温泉やプールに行けなくなって子供が可哀想」と言われると「ぼくたちは、日本の温泉やプールには行かないと思います」と後付けの言い訳をします。

もし、子供がどうしても行きたいと言ったとしても、子供の思いは尊重しないと言う事になります。

これをりゅうちぇるさんは「子供を守るためにも大勢が集まる場所には中々行かないと思います」としましたが、それで子供は健全に育っていくのか非常に疑問なところでしょう。

また、りゅうちぇるさんやぺこさんがいつまでも今の様に仕事があるとは限りませんし、そうなれば当然金銭的に厳しくなり、日本では何もしないと言った論調では済まなくなるでしょう。

ここまで相当な実績を残している訳でもなく、大きな後ろ盾もないりゅうちぇるさんですから一流芸能人と同じスタンスで物事を考えるのはいかがなものかと言う声がかなり多いとも言えます。

この報にネットでは・・・・。

・一生懸命考えてこのザマだから批判されてんだろう

・晩婚化の時代に22歳で親になったので応援したかったがこれは無理 

・落ちぶれて離婚したらどうすんだろ

・これでプールや銭湯にいけなくなって差別やめろって言うまでがセット 

・バカ親のせいで子供の人生台無し

・子供は親を選べないんだよなあ

・どんな子供に育つのか楽しみ逆の意味で 

・比較的常識人と言われてた妻の株も落ちる

・子供や嫁の名前タトゥーしたやつの半数以上が離婚してる件 

引用元

りゅうちぇる、子供の名前がリンクも考えもの?!

そんな批判に晒されているりゅうちぇるさんですが、実はこれ以前に子供の名前もキラキラネームと言う事でかなりの批判に遭いました。

もちろん、りゅうちぇるさんが子供にどんな名前をつけるのかは本人の勝手ですし、それに他人が口を挟む必要はありません。

ですが、良くも悪くも有名人は公人も同様、発表してしまえば色々な意見は出るものです。

家族を守る、子供を守ると言うのなら何故そんな珍しい名前を付け、公開したのでしょうか。

りゅうちぇるさんは、子供を守る一環として人の多いところに出ない、人前に出さないと言った事をはなしていますが、この名前ではすぐにバレてしまいますね。

子供を守るのも、子供を尊重するのも、子供が幼児時代から年老いるまでを長期的に考えるのが親の務めだと言う声も多く上がっています。

確かにいくつになっても、自己紹介で「比嘉リンクです」と自己紹介していてはかなり厳しい人生を歩まなければなりませんね。

子供の事を守る為には、親は自分の主義主張は後回しで子供の立場になって考えてこそ真の親と言えるのではないでしょうか。

まとめ

今回はりゅうちぇるがタトゥー公開で非難を受け反論!子供の名前がリンクも考えもの?!などの情報をお届けしました。

りゅうちぇるさんが先頃、自身の両腕にタトゥーを入れた事をSNSで告白し、多くの非難を浴びました。

これに対し「偏見だらけの世の中だ。そんな世の中を僕は変えたい」とし、持論を反論と言う形で投稿し、更なる炎上を誘いました。

今後、りゅうちぇるさんが主張したような事が本当にまかり通るのか楽しみに見ていきたいところです。

Pocket
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ