木村拓哉が『SMAP』をNGワードに??娘・Koki,の活動には触れ批判が?!

Pocket
LINEで送る
Pocket

一時期は活動が少々停滞していたジャニーズ事務所の木村拓哉さんですが、ここ最近は役者の仕事だけではなくバラエティや情報番組などにも積極的に出演し始めました。

そんな木村さんですが『SMAP』解散直後は、解散について語る事も多くグループの名前も口にする事が多々ありました。

しかし、ここに来てフリートークの場でもグループの名前を口にする事がなくなり、「NGワードなのか」と批判も出ている状況です。

今回はそんな木村拓哉が『SMAP』をNGワードに??娘・Koki,の活動には触れ批判が?!などの情報をお届けしていきます。

木村拓哉が『SMAP』をNGワードに??

8月24日公開の映画「検察側の罪人」で木村拓哉さんと嵐の二宮和也さんが初共演と言う事で話題になっていますが、一時期露出が少なくなっていた木村さんが番宣も兼ねて最近は露出が多くなりました。

グループ解散後は、どちらかと言えば俳優に徹していた部分が強かったのですが、最近の出演はバラエティ番組や情報番組などにも多く時間が割かれているようです。

映画の宣伝と言う部分は否めませんが、フリートークの多い場面で、デリケートな部分にも突っ込んで話しています。

ですが、「SMAP」のワードが意識的に避けられているのではないかと、グループ名が「NGワード」になっていると批判的に捉えられているようです。

この話題が現実的に語られるようになったのは、16日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」に木村さんが出演し、「再出発への想い」を語った事からの様です。

企画では木村さんと宮根アナが2人でロケに出向いて、インタビューも2人で向き合って行われました。

話題は、公開間近の映画「検察側の罪人」の話や共演者の二宮さんについて、モデルデビューした二女のKoki,さんの事などにも及びました。

しかし、この話の中で「SMAP」と言うワードが1度も出てこなかったのです。

視聴者がグループ名が「NGワード」ではないかと強く感じたのは、木村さんだけではなく、宮根アナからもそのワードが出ず、話の流れ的に普通に出ておかしくない話でも無理に言わない様にしている様子が感じられたからです。

少なくとも1年前ほどには木村さんのラジオ番組「木村拓哉のWhat`s UP SMAP」は解散後もそのままのタイトルで続けており、2017年8月5日に変更するまで「NGワード」ではなかったと言えます。

しかし、活動の方向性も変わり、今年に入ってインターバルとも言える期間があったのですから「前進する」と言う意味では昔のグループ名を当たり前に出すのはいかがなものかと言う見方もあるでしょう。

ましてや、いつまでも「元SMAPの木村拓哉」と言う殻を破れない様では、今後芸能界で新しい世界を切り開く事は出来ないと言えますね。

この話題にネットでは・・・・。

最新号の文春で吾郎ちゃんが「(退所にあたり)5人で話し合いはできていた。(メンバーを)愛している」と話したのにSMAPがNGワードなのどう考えてもおかしい

事務所からNG出されてるのかな?

SMAP解散して一番寂しそうに見える

「SMAP」はNGワードで、娘の話はOKなの?

NGワードは工藤静香だね

キムタクも大変なんだろうね

何だかすごく孤独そうだな

前へ進もうとしてるんだろうけど、頑張ってとしか言えないな

本音で話してはいないと思う

整理整頓しないってことはいい意味でとったんだけど

宮根さんですらSMAPと言わなかったよね

やっぱり事務所との約束があるんだろうね

引用元

木村拓哉が娘・Koki,の活動には触れ批判が?!

さて、そんな木村拓哉さんですが、「SMAP」がNGワードになっている一方で家族の話はする様になったと批判的に捉えられている様です。

これまでは一切家族の話はしてこなかった木村さんですが、今年2018年にデビューした二女でモデルをしているKoki,さんについて同じ「ミヤネ屋」で宮根アナに「二女のKoki,さんがデビューしましたね」の問いにアッサリ「しましたね」と返事。

たったこれだけの事に批判がある訳ですが、流石にこれは行き過ぎた批判だと言う声も多く出ています。

子供が幼い頃は、情報を開示しない様にしたいと考えるのは当然の事で、1つ話せば、2つ、3つと話す機会が増えてしまうので、一切家族の話をしないと言うのはごく自然な事とも言えます。

ただでさえ木村さんの場合は、裏付けも情報もなく子供が障害持ち、ダウン症だなどとあらぬ噂をずっとたてられていた程ですから、木村さんの家族を守る方向性として情報開示をしない方向性は正解だったと言える訳です。

しかし、今や二女のKoki,さんも自身が公人に近い存在になっているのですから、木村さんにしてもオープンにしてもイイだろうとの判断をしたとしてもおかしくはないと言えます。

状況や立場が変れば、主義主張も変わるのは当然の事で、それほど批判的に捉える必要もない話題ではないと見る向きも少なくはありません。

特に「SMAP」をNGワードにした事と、次女の話をすると言うのは比較するものではないでしょう。

まとめ

今回は木村拓哉が『SMAP』をNGワードに??娘・Koki,の活動には触れ批判が?!などの情報をお届けしました。

今年2018年に入って露出が少なくなっていた木村拓哉さんですが、映画公開が近くなって露出が多くなってきました。

活動の内容もバラエティなどでフリートークを展開したりしているのですが、ここ最近は「SMAP」と言うワードを意識的に避けているのではないかとして、「NGワード」として事務所に止められているのではないかと言う憶測を呼んでいるようです。

今後も木村さんとこうした話の結び付きは簡単には減りそうもないので、目が離せない話題になりそうですね。

Pocket
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ