小山慶一郎の早期復帰にNHKまで放映再開!!手越祐也が小山に不適切発言も!

Pocket
LINEで送る
Pocket

未成年飲酒強要で問題になっているジャニーズ事務所のNEWS小山慶一郎さんですが、わずか20日間と言う短さで復帰を果たしています。

報道には携われないものの、それ以外の仕事はほぼ解禁、事件はまるで無かったかの様な状態になっています。

この時流に乗って、NHKまでもがBSプレミアムでの小山さんのレギュラー番組を20日に再開させ物議を醸しています。

今回はそんな小山慶一郎の早期復帰にNHKまで放映再開!!手越祐也が小山に不適切発言も!などの情報をお届けしていきます。

小山慶一郎の早期復帰にNHKまで放映再開!!

NEWSの小山慶一郎さんと加藤シゲアキさんが未成年飲酒強要した事件はまだ記憶に新しいところです。

小山さんは中心人物であった為に、処分は「無期限活動自粛」となりましたが、蓋を開けてみれば僅か20日間の自粛だけで復帰する事になります。

これには周囲も呆れかえって、「これでは少し早い夏休み」と批判の声が上がっていました。

以前担当していた「news every.」のキャスター復帰は見送られましたが、それ以外の番組は全て解禁となっています。

そんな中、今回の問題で唯一小山さんのレギュラーで放送再開をしていなかったのがNHK BSプレミアムの「ザ 少年倶楽部プレミアム」だけでした。

しかし、同番組も20日に放送を再開すると18日発表され、物議を醸す事態になっています。

NHK側は「小山さんも活動を再開しており、そういったことを受けて総合的に判断した」と既に収録も終わっている段階で弁明しました。

しかし、重要な事は他に流されることなく、国営放送として国民から料金を徴収していると言う考えの下、独自の判断をするべきだったのではないでしょうか。

この調子でいくと、事件自体風化してしまいそうな勢いです。

グループ4人中3人が同じ不祥事を犯したのですから、これほどの甘い処分はあり得ないと言えます。

こうした事を許せば、今後も同様の事件において前例となってしまい、真の反省を促すことは困難になるでしょう。

この話題にネットでは・・・・。

・ずいぶんと短い一定期間だったなw

・受信料返せよ

・国民から強制的に受信料巻き上げて、ジャニと癒着して接待ウマーのNHK

・権力と権力を監視するはずの機関の権力が強すぎるなぁ

・おっ!性犯罪者出すなら受信料全額返還しろや

・頭おかしい

・NHKは未成年者への飲酒強要や淫行に寛容なんだな

・未成年とまたトラブるぞ

・放送法の範疇を超えているNHKの番組

引用元

手越祐也が小山に不適切発言も!

更にここにきて、自身も問題行動を起こした手越祐也さんが、小山慶一郎さんに向けて非常に不適切なアドバイスをして騒動になっています。

小山さんがメインパーソナリティを務めている文化放送のラジオ番組「KちゃんNEWS」を約2ヶ月振りに再開。

その7月17日の放送分で、これまた事件を起こした手越祐也さんが出演しました。

反省をアピールする為か、小山さんは以前よりも低いトーンで真面目に話していたのですが、手越さんがそこでトンデモない発言をします。

番組冒頭、手越さんは小山さんに「ちょっとやめてよ!テンションちょっと低くやるの止めてよ」。

更に「これね、テンション低くしたらね、あの、なんか判らないけど『奴らの思うツボ』だから絶対ダメよ!ホントに、ホントに」と犠牲者が自分達と言わんばかりの発言をします。

これに対して小山さんは「(今の口調)遣いづれぇよ」と本音をボソリ。

こうしたやり取りを聞く限りでは、2人共何ら反省や自身を顧みると言う事さえしていないと言う事になり兼ねません。

これにネットでは・・・・。

・コンプライアンス講習とは何だったのか

・もう復帰したかよ甘いな

・法律遵守せよって人たちのこと?

・未成年に飲ませた人を罰しようとした人達の思う壺だよ!!!! ←頭湧いてんのか?

・ただの放送事故じゃないか 

・奴ら?

・本音が出たね

・これはアカンでぇ

・ほんまに反省してへんねんな

・見た目は中身を裏切らないな

・これ小山に迷惑掛かるだけなのにわざと臭いんだよな

・無神経こそ最大の武器

・まともな人間なら謹慎開けのラジオをハイテンションで出来る訳ないんだろ

引用元

ネットなどでも、まともな神経ではないと批判を受けているようですね。

まとめ

今回は小山慶一郎の早期復帰にNHKまで放映再開!!手越祐也が小山に不適切発言も!などの情報をお届けしました。

自粛解除が早過ぎると批判の出ているNEWSの面々ですが、特に首謀者である小山さんはわずか20日間の自粛で活動再開しました。

こうした事に追随してNHKまでもが冠番組を再開させると発表し、国営放送に独自の倫理観が欠如していると非難の嵐になっています。

また、トラブルの中心にある小山さんと手越さんはラジオで不適切極まりない発言をしており、また同じ様なトラブルを起こす可能性は非常に高いと言えますので、今後もシッカリ監視していきたいところです。

Pocket
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ