巨人・片岡治大コーチがベッキーと交際認める‼元彼女は加藤綾子?年俸は?

Pocket
LINEで送る
Pocket

片岡治大コーチは、社会人野球から西武ライオンズに入団し、FAで巨人に入団した元野球選手です。

昨年2017年のシーズン限りで現役を引退し、その後は巨人軍の二軍内野守備走塁コーチをしています。

そんな片岡コーチですが、かなり肉食系で名だたるプレイボーイと言われており、この6月26日にタレントのベッキーさんと交際している事が判明しました。

今回はそんな巨人・片岡治大コーチがベッキーと交際認める‼元彼女は加藤綾子?年俸は?などの情報をお届けしていきます。

巨人・片岡治大コーチがベッキーと交際認める‼

東京読売ジャイアンツの片岡治大コーチと、タレントのベッキーさんが交際している事が26日付の一部スポーツ紙で報じられました。

全く接点が見当たらなかった2人ですが、出会いは今年2018年に共通の知人を通じて知り合い、4月頃から真剣な交際へと発展したと言います。

実は、片岡コーチは10年来のベッキーさんのファンでアプローチは片岡コーチの方からしたそうです。

一方のベッキーさんは、全く野球に縁がなく片岡コーチの現役時代も、現在巨人軍でコーチをしている事も知らなかったとのこと。

ベッキーさんが片岡コーチのアプローチに対して、それを受けた理由は明確ではありませんが、未だまともな復帰が叶わない中、結婚と言う選択肢に走った可能性は充分考えられます。

片岡コーチは現在「吉本興業」がマネジメントを担当しており、一方のベッキーさんは「サンミュージック」に所属していますが、双方の事務所共に「本人から報告を受けております。温かく見守って頂ければ」と交際を認めました。

更に知人が取材に対し「真剣に付き合っているようですが、まだ付き合い始めで結婚の話は出ていないようです」と証言しています。

また、西武ライオンズの熱烈なファンであるフリーアナウンサーの小倉智昭さんは片岡コーチとも親交があり、メールで交際についてやり取りをしたと言います。

このやり取りで小倉さんが「盛り上がってるの?」と訊いたところ「盛り上がってますね。振られないように気を付けます。ベッキーさんも宜しくお願いしますって言ってます」と片岡コーチは答えていました。

この報道にネットでは・・・・。

・よくもまぁあんなのに近づこうと思うな

・オワコン

・まったく反省してないな

・ベッキー最後のチャンスやな

・チャレンジャーがいるもんだな

・賭けてもいい、長持ちしない

・片岡も落ちたもんだな

・あざとい 

・きのこのようなひととかなりタイプが違うな

・ベッキーのファンとかセンスねぇな 

・ベッキーのどこがいいのかわからない

引用元

片岡治大の元彼女は加藤綾子?年俸は?

そんな片岡治大コーチですが、現在35歳と言う年齢で結婚はしていないのでしょうか。

調べてみると、片岡コーチはこれまで1度も結婚はしていません。

と言う事は離婚も当然していないと言う事です。

ですが、これまでの女性遍歴はかなり派手だと言われているようですね。

長く本命だと見られていたのは、テレビ朝日アナウンサー竹内由恵アナです。

2014年1月に交際が発覚しています。

ですが、竹内アナとの交際期間が被る形で何とフジテレビの加藤綾子アナとも交際が判明しており、片岡コーチはナンパなイメージが定着しています。

竹内アナは、加藤アナに片岡コーチを奪われた形になっており、2018年に片岡コーチと加藤アナは結婚するのではないかとも見られていました。

しかし、竹内アナはともかく今回ベッキーさんとの交際や経緯が判明し、時期的なものから加藤アナとの交際に関してはどうやら噂だけだったようです。

また、有名人ではないものの、楽天イーグルスの選手と頻繁に遊んでおり、常に女性が絡んでいたと言う事で片岡コーチが遊び人だったことは間違いなさそうです。

さて、そんな片岡コーチですが年俸はどのくらいでしょう。

現在は二軍コーチと言う事もあり、約1~1500万円程度と見られています。

生涯年俸の平均値は8300万円と言うところですが、どれだけ貯蓄しているかは疑問ですね。

まとめ

今回は巨人・片岡治大コーチがベッキーと交際認める‼元彼女は加藤綾子?年俸は?などの情報をお届けしました。

この26日に読売巨人軍の片岡治大コーチとタレントのベッキーさんの交際が発覚しました。

双方とも交際についてはあっさり認めており、まだ話は出ていないものの年齢的に見ても結婚が視野にあるのは間違いなさそうです。

ベッキーさんには色々と不祥事もありましたが、真っ当な交際であれば温かく見守っていきたいところですね。

Pocket
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ