秋元優里と生田竜聖の離婚が成立!フジ退社せず!竹林W不倫とは?!

Pocket
LINEで送る
Pocket

秋元優里アナと生田竜聖アナは共にフジテレビの人気アナウンサーでした。

特に生田アナは、兄が俳優の生田斗真さんと言うことで、非常に大きな話題を呼んでいたのです。

そんな期待の生田アナがまだ入社2年目と言う早さで、2012年に2人が結婚してしまいます。

今回は秋元優里と生田竜聖の離婚が成立!フジ退社せず!竹林W不倫とは?!などの情報をお届けしていきます。

秋元優里と生田竜聖の離婚が成立!フジ退社せず!

約2年前から離婚協議をしていることが明らかになっているフジテレビ秋元優里アナと生田竜聖アナですが、今年2018年4月に離婚が成立したことが判明しました。

2人は離婚協議に入る前に別居もしており、離婚成立も書類上のことで既に実生活では離婚状態だったと言えます。

ただ、最後の詰めである長女の親権や養育費、慰謝料、財産分与などで揉めていたようです。

2人が交際し始めたのは、生田アナが入社2年目の時です。

イケメン俳優の兄弟と言うこともあり、大きな期待をフジテレビがかけていた為に5年先輩の秋元アナが手を出したことに上層部は怒り心頭だったようです。

しかも、交際報道からわずか4ヶ月でデキ婚をしており、2013年7月に第1子の長女をもうけますが、これもまた双方がアナウンサーではあるまじき行為と非難を浴びました。

更に訳が悪いのは、出産に際して秋元アナは神奈川県横浜市の自身の実家へと帰っており、既に薬指には結婚指輪はなかったと言います。

この直後に秋元アナは出演したバラエティ番組中に別居に関して「そうですね、別々に住んでいます」と告白。

更にその原因について訊かれると「どっちも今競技中なので言えることが限られている。私だけが言う訳にもいかないので」と離婚に関してにまで言及しました。

この話題にネットでは・・・・。

・勝気というより単なるアホなんじゃないの?

・頭おかしいんだよこの女

・生田キュンかわいそう

・ふてぶてしいにもほどがあるな

・とりあえずアナウンス部から異動させたら?

・こういうのを地雷女って言うんだよ 

・アホというより人でなしじゃない? 

・とにかく気が強そうだ

・物凄い肉食系だな

・こういうのは、女性の方が図太いからな

引用元

秋元優里の竹林W不倫とは?!

さて、そんな秋元優里アナですが、今回の離婚成立には秋元アナとフジテレビのプロデューサーの不倫報道が後押ししたのではないかと言われています。

報道によれば2人は何度も密会を重ね、中には横浜市郊外の人が全く来ない田園地帯の「堆肥小屋」や「竹林」などに車を長時間停めて2人で後部座席に移って何かをしていたと報じられています。

記者が秋元アナを直撃すると「普通に仕事の仲間と言うか・・・」と濁し交際については「と言う訳ではないです、はい」と否定しています。

一方、プロデューサー男性は「ボク、大変迷惑しています。憶測でやるのはやめて欲しい」とし、「ボクは何のやましいこともありません」とこちらも否定しました。

しかし、秋元アナ自体は竹林については通っただけとは言うものの、その近くへ行ったことは認めています。

打ち合わせなどをするなら、そんなに遠出をする必要もなく都内で充分の筈です。

また、そうした人が来ない場所での密会は1度や2度ではないらしく、複数回あると言うことで、ほぼ2人のW不倫はクロと見て良いでしょう。

当然の帰結ですが、秋元アナはこの問題ですっかり窓際に追い込まれているとも言います。

現在の秋元アナの1日は、朝9時出社、17時半の終業と同時に帰宅すると言う生活です。

その間は、ひたすら自前のパソコンでネットサーフィンをしているのだとか。

しかも、2人共退社していない為、アナウンス室でバッティングすることがあり、本人達よりも周囲がヒヤヒヤして気を遣うそうです。

フジテレビ内では、そうした言動や出来事が災いしてかどこにも受け入れ先がないと言います。

こうなったら、秋元アナにフリー宣言をして欲しいと職員は考えているようですが「私はなんとしても会社にしがみつくから」と言う恐ろしい言葉を口にしているそうです。

まとめ

今回は秋元優里と生田竜聖の離婚が成立!フジ退社せず!竹林W不倫とは?!などの情報をお届けしました。

兼ねてより別居、離婚協議中だったフジテレビの秋元優里アナと生田竜聖アナでしたが、4月に正式に離婚が成立したようです。

元々離婚の原因は秋元アナにあるようで、W不倫などのスキャンダラスなスクープまでされています。

今や窓際族の秋元優里アナですが、今後どんな展開を迎えるか目が離せませんね。

Pocket
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ