宇多田ヒカルがイタリア人夫と離婚!新恋人は若手ミュージシャン?!

Pocket
LINEで送る
Pocket

2000年初頭歌姫としてミリオンセラーを連発していた歌手の宇多田ヒカルさん。

2003年に映像作家の紀里谷和明氏と結婚、2007年には離婚しますが2008年には8歳年下のイタリア人男性と結婚していました。

そのイタリア人男性とも今年2018年4月6日に離婚していたことが判明しました。

今回はそんな宇多田ヒカルがイタリア人夫と離婚!新恋人は若手ミュージシャン?!などの情報をお届けしていきます。

宇多田ヒカルがイタリア人夫と離婚!

宇多田ヒカルさんは日本のディーバとして、2000年初頭スマッシュヒットを多く記録しました。

現在でも、その人気はそこまで衰えておらず、人気はあるのですが当の宇多田さんの制作ペースが遅い為に以前のような勢いは感じられません。

今や、納得がいくものを自分のペースで制作、発表すると言う形に変えてきたようですね。

では、ここで宇多田ヒカルさんのwiki風プロフィールを振り返ります。

名前:宇多田ヒカル(うただひかる)

本名:宇多田光(うただひかる)

愛称:ヒッキー

生年月日:1983年1月19日(2018年現在35歳)

出生地:アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市

身長:158.9cm

体重:推定45kg

趣味:読書、漫画、パソコン、絵画

特技:英会話、テトリス、バスケットボール

所属事務所:U3MUSIC

所属レーベル:エピックレコードジャパン

引用元

宇多田さんは、まだ人気絶頂期だった2003年に映像作家の紀里谷和明氏と結婚します。

2人の出会いは、宇多田さんの9thシングル「traveling」のPVの制作を紀里谷氏が担当した事で知り合いました。

結婚生活はわずか4年で終わり、2人は離婚します。

その後、2010年に宇多田さんは「人間活動」をすると説明し、翌2011年から芸能活動完全休止状態となります。

この「人間活動」が何かは不明なのですが、宇多田さん曰く有名人ではなく一般の人と同じように生きたいと言う事だったようです。

つまり、自分で電車に乗り、アルバイトをしたり、歌姫・宇多田ヒカルと言う殻を脱ぎ捨ててみたかったようですね。

結果として活動の中身までは判りませんが、人間活動中の2014年にイタリア人男性と結婚しました。

更に2015年には第1子となる長男を出産しました。

ですが、今年2018年4月6日に数か月前には離婚していたと報道されます。

当初は報道だけで信憑性が薄かったのですが、所属レコード会社が「離婚は間違いありません。時期は明確に判りません」としたことから離婚が事実であると判明しました。

今回の結婚も結果として約3年程度しかもたず、宇多田さんには結婚が向いていないのかも知れませんね。

そんな宇多田ヒカルさんに対しネットでは・・・・。

・早くもバツ2かよ・・・ 

・なんかもう王道ww

・我慢とか全然できなさそうだもんな

・何回も離婚するやつはそれ相応の性格、理由があるもんだ

・何の驚きもないこうなることは目に見えていた

・人間性に大事なものが欠けてるんだな 

・本質だけ見ればダメ男が好きなんだな 

・ 自分もダメ女だしなw 

・コブ付きでもOK俺が貰うわ 

引用元

宇多田ヒカルの新恋人は若手ミュージシャン?!

さて、そんな離婚報道があったばかりの宇多田ヒカルさんですが、何と早くも次の彼氏がいるようです。

離婚前からなのか、離婚後からなのかはハッキリしていませんが、お相手は若手のミュージシャンだと言います。

ちなみに宇多田さんはこの25日にデビュー予定の歌手・小袋成彬さんのデビューアルバムをプロデュースしています。

これまで楽曲提供などはあっても、アルバムをフルでプロデュースと言うのは宇多田さんにしてはかなり珍しいことです。

世間では、この小袋さんが新しい彼氏なのではないかと見られています。

 宇多田さんと小袋さんは2016年にリリースした宇多田さんのアルバムでコラボしており、これ以降親しくしていたのではないかと見られています。

時間的にも色々と符合する点があり、2人の交際は間違いないだろうと見る向きが多いようですね。

まとめ

今回は宇多田ヒカルがイタリア人夫と離婚!新恋人は若手ミュージシャン?!などの情報をお届けしました。

いつの間にか2018年に入って2度目の離婚をしていた歌手の宇多田ヒカルさん。

結婚も突然でしたが、離婚もかなり突然のことでファンはかなり困惑しているようです。

既に新恋人がいると言う事で、今度は幸福になって欲しいものです。

Pocket
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ