おかもとまり引退!引退理由や仕事は?旦那の死別に病気騒動!子供放置の噂も浮上!?

Pocket
LINEで送る
Pocket

3月4日の深夜に、ものまねタレントおかもとまり(28歳)さんが、自身のブログ、TwitterなどのSNSを更新して芸能界引退を発表しました。

Twitterでは、「ずっと引き際を悩んでいましたがタレントとしては引退します!」と報告しています。

また、30歳までに引退予定だったのが早まったのは、とある理由があることを明かしています。

今回は、そんな元ものまねタレント・おかもとまりさんの「引退理由」や、「旦那のnaoさんの前妻との死別」、騒動となった「病気公表」や、「2人の子供育児放棄説」、「今後の仕事」についてお伝えしたいと思います。

  • プロフィール
  • おかもとまり芸能界引退を発表!引退理由や引退時期が早まったのは何故?
  • 死別の過去も!おかもとまり旦那naoの病気をブログで公表騒動とは!?
  • おかもとまりに子供放置の噂が浮上!今後の仕事は!?
  • まとめ

をお伝えします。

プロフィール

 

本名:菅原 麻里

旧姓:岡本 麻里(おかもと まり)

生年月日:1989年12月13日(28歳)

身長:156cm

血液型:O型

出身地:群馬県藤岡市

最終学歴:昭和女子大学短期大学部

職業:元タレント、ものまねタレント、グラビアアイドル、女優

芸風:物真似

活動期間:2006~2018年

所属事務所:ツインプラネット

 

おかもとまりさんは、ピン芸人としてデビューし、女優の広末涼子さんの物真似で注目や人気を集め、数々の番組に出演していました。

その後、グラビアや女優業にも進出、2009年映画「僕の初恋をキミに捧ぐ」、2011年オリジナルビデオ「ビギニング オブ トイレの花子さん イジメからはじまる物語」、2013年「ゴーストライター・ホテル」に出演しています。

おかもとまり芸能界引退を発表!引退理由や引退時期が早まったのは何故?

 

ものまねタレントのおかもとまりさんが、3月4日の深夜に自身のTwitterを更新して「ずっと引き際を悩んでいましたがタレントとしては引退します!」と芸能界引退を発表しました。

また、Twitterも「おかもとまり」から「岡本麻里」に変わったことを報告しています。

その後、3月5日におかもとまりさんは、自身のブログを更新して、引退理由について報告しています。

 

「29歳までタレントとして頑張りつつ、会社経営などを学び、ツインプラネットさんへの恩返しの為にもタレントとして頑張ろうと話していました。

尚、契約は今年10月までで更新についてはまだ話をしていない段階でした。

マネージャーさんにも、引退は30歳まで、早ければ29才と決めていると伝えていました。

しかし、今回の突然の契約終了前の引退については、今の段階ではまだ言えないこと(言える時期になりましたら報告致します。)もありますが“完全にプライベート”な理由です。

憶測とかが出てしまう前に、これだけは伝えておきたいです。

長男、次男、主人の両親、私の両親とは、円満な関係であります。

主人に関しては、鈍感な部分はありますが、心が広く、世界で一番優しい人で、才能のある作曲家さんだと尊敬しています。

今言えるのはここまで申し訳ありません。

ツインプラネットさんに対して言葉に表せないくらいの恩があり、仕事としても人間としても、これから恩を返せるように頑張ります。」

引用元

 

引退理由に関しては『完全にプライベート』とした上で、今の段階ではまだ言えないことと報告し、言える段階になったらまた報告しますとのことでした。

死別の過去も!おかもとまり旦那naoの病気をブログで公表騒動!!

おかもとまりさんの旦那はnaoさんです。

 

■naoのプロフィール

本名:菅原 直洋(すがわら なおひと)

生年月日:1980年12月13日(37歳)

出身地:東京都北区

学歴:私立海城中学校→私立海城高等学校→成蹊大学

職業:音楽プロデューサー、作曲家、編曲家、大学教授

ジャンル:J-POP

担当楽器:シンセサイザー、キーボード

活動期間:2002年~

所属事務所:SOUND PEACE

 

大学在学中の2002年にシンガーソングライターの川嶋あい(32歳)さんと『I WiSH』を結成し、「あいのり」の主題歌に採用された、ミリオンセラーを記録した「明日への扉」で翌年には、メジャーデビューを果たしています。

2005年にはグループ解散し、以降は川嶋さんのサウンドディレクターとして作品全般を監修。

作曲家や編曲家として本格的に活動を開始しています。

■旦那のnao前妻asとの死別!!

 

naoさんの前妻は、プロデュースをしていた元歌手のas(あす)/別名:tamamiさん/本名:小池珠美さん。

2人は、2007年12月に結婚し、翌年5月には第1子となる長男が誕生しています。

 

幸せな生活を送っていた矢先の2011年12月30日に、25歳という若さでasさんは死去してしまいます。

asさんは、12月18日に発作から呼吸困難に陥り救急搬送されますが、意識が回復しないまま亡くなってしましたようです。

 

死去した1年後の1月9日、asさんのオフィシャルブログで訃報が報告されています。

心配停止状態から人工呼吸器を付けて13日間頑張ったようですが、家族に見守られて天国へ旅立ち、葬儀はカトリック教会で近親者と親しい友人のもが集まり見送ったとのこと。

最期は、安らかに微笑み天使のようで美しい姿だったというasさんのクリスチャンネームは『マリア・マルガリータ』マルガリータは、真珠を意味するようです。

■おかもとまりブログで旦那のnaoは軽度発達障害の病気を告白!

 

今年1月4日におかもとまりさんが、旦那で作曲家のnaoさんが軽度の発達障害であることを自身のブログで告白しました。

旦那naoさんの、プライベートな部分である病気をブログで公表したことに賛否両論あり、一時騒動となっています。

1月3日~群馬県の伊香保温泉へ旅行にいった時のこと、目的地は間違いやすい場所のため、何度も言葉やスクショで伝え、確認したにも関わらず、到着した店が違ったことで夫婦で大喧嘩したこと等も告白。

旦那のnaoさんは、昔から軽い発達障害<勉強や記憶力、音楽の才能はピカイチだが、簡単なことは出来ない>ことを明かし、旦那naoさんのプライバシー公表したことにネット上で公表したことに賛否両論。

 

この騒動を受け、1月11日に旦那のnaoさんがブログを更新して、おかもとまりさんと一緒に病院に行ったら『発達障害のある傾向がある性格』だと説明されたこと等を明かしています。

おかもとまりに子供放置の噂が浮上!今後の仕事は!?

 

おかもとまりさんは、旦那のnaoさんとの交際を2014年7月14日に交際を報じらました。

その後、2015年4月13日には、旦那のnaoさんと出来ちゃった結婚したことや、第1子妊娠も同時に発表しています。

2015年8月には、おかもとまりさんと旦那のnaoさんとの間に子供が誕生しています。

■おかもとまり2人の子供の母親

 

おかもとまりさんが旦那のnaoさんと結婚した時には、naoさんとasさんの子供は7歳。

旦那のnaoさんとの交際中に、前妻との子供に会っていたようですが、距離はなかなか縮まらなかったそうです。

ですが、おかもとまりさんがnaoさんとの子供を妊娠して結婚後に、長男は“ママ”と呼んでくれるようになったことを、自身のブログでその喜びを綴っています。

■おかもとまりの子供放置の噂とは!?

 

仕事や、家事に育児にと多忙なおかもとまりさん。

そんなおかもとまりさんのSNSでは、子育てに仕事に奮闘しながら日々、頑張っている様子が投稿されています。

そんな、おかもとまりさんに子供放置の噂が浮上しているようです。

以前、バラエティ番組で家族揃って出演していたおかもとまりさん。

その際は、常に子供に神経を張り巡らせ、家事に育児に旦那のnaoさんを常に意識を向けていたように見えたという声が多く上がっています。

 

真相は不明ですが、子供放置の噂は、アンチサイトから浮上した噂で子供放置はデマだという意見が多く上がっているようです。

■おかもとまりの今後の仕事は?

 

近年、テレビで見かける機会も減っていたおかもとまりさん。

昨年11月20日放送の「ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?」に出演された際、芸人と仕事の仲間の割合は1対9だったことを明かしていました。

おかもとまりさんは、2016年に「(株)minto.」を設立し、コラムサイト「minto.」の運営などを行っていました。

 

「誹謗中傷のない憩いの場を作りたい」というコンセプトで設立したようです。

コラムサイトでは、「人間力向上」をテーマに処世術、小ネタ、芸能、食、美容などの1話完結の連載小説や動画配信をしているそうです。

今後はタレント業をお休みして、今後は会社の代表としての仕事をしていくことを明かしています。

また、自身の出生名である岡本麻里の名で情報配信なども行っていくようです。

まとめ

 

詳細な引退理由は不明ですが、「完全にプライベ-ト」な理由で、詳細に関しては言える時期になったら、明らかにすることも告白しています。

いずれ、詳しい引退理由が明かされることでしょう。

今後は、実業家としてのおかもとまりさんの活躍に期待したいですね。

Pocket
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ