中島美嘉が僅か3年で清水邦広と離婚!!子供や病気のことが気になる!

Pocket
LINEで送る
Pocket

2001年に彗星のごとく登場し、大きな人気を集めた歌姫・中島美嘉さん。

中島さんはファンキーな外見とは違い、いわゆるバラディア―でラブソングを得意としています。

そんな中島美嘉さんがバレーボール選手で夫の清水邦広さんと離婚していたことが2月2日に判明しました。

今回は中島美嘉が僅か3年で清水邦広と離婚!!子供や病気のことが気になる!などの情報をお届けしていきます。

中島美嘉が僅か3年で清水邦広と離婚!!

中島美嘉さんは2014年、バレーボール全日本代表、Vプレミアリーグ・パナソニックの清水邦広選手と入籍しました。

2人の馴れ初めは、元々バレーボール好きだった中島さんは一目惚れしたとか・・・。

そこで中島さんは芸能界の伝で、フジテレビ関係者に頼み込んで清水選手を紹介してもらったそうです。

通常はあり得ない組み合わせですが、中島さんは手紙を書きそれを清水選手に渡しました。

中島さんのファンにとっては嫉妬しか感じない不快な様子だったかも知れませんね。

結局、この事がキッカケとなり交際が始まったようで、順調に付き合い続け2年後に結婚することになりました。

しかし、それだけの強い思いも僅か3年で魔法の様に解けてしまったようです。

離婚の一番大きい原因は、やはり物理的な距離にあるようですね。

清水選手は基本的に大阪を拠点に全国を転載しており、ただでさえ一緒に過ごす時間が少なかったと言います。

結婚当初こそ中島さんは大阪にマンションを購入し、清水選手が大阪にいる間は同居生活をしていたものの、人気者で多忙の中島さんがいつまでも大阪にいる事は出来ませんでした。

最終的に中島さんは東京を拠点に全国ツアーなども再開しています。

このことで、2人は完全に距離が出来てしまい、決定的な溝を作ってしまいました。

交際中や結婚直後はお互いを思いやり、中島さんは清水選手の応援に会場に頻繁に駆けつけてもいました。

しかし、距離が出来たと言うより、感情がなくなったことで距離を作ったとも考えられます。

結局のところ、詳細は本人からも事務所からも発表されていませんので真実は判っていません。

中島美嘉さんの離婚についてネットでは・・・・。

・あんなにラブラブだったのに 

・早すぎだろ

・まあバレー選手って稼ぎ悪そうだしな

・じゃないかと思ったー!どこが接点だったのかすらわからないー! 

・よくあんなゴリラと3年も暮らしたな

・中島が嫌になったんだろうな 

・やっぱりなwwww

・中島美嘉が見にくると必ず負ける法則あったよね

・絶対離婚すると思ったw

・自分で稼げるから、離婚のハードルが低い 

・アンデッドだとばれたか

引用元

中島美嘉の子供や病気のことが気になる!

今回、離婚の発表をした中島美嘉さんですが、2010年10月に両側耳管開放症と言う病気に罹っています。

この両側耳管開放症は、耳が塞がったような感覚、すなわちくぐもった様な状態になっている訳です。

これはシンガーとしては致命的で、その年中島さんは「歌手活動無期限休止」を発表しましたが、結局半年後には復帰しました。

ですが、この病気は「不治の病」と言われており、多少の浮き沈みはあっても完治することは無いと言われています。

自分の声が聞こえない、演奏が聞こえないと言う状態は非常に不利な状態です。

しかし、中島さんはそれでも歌いたい、聞いてくれる人が1人でもいるならと病気と向き合いました。

アメリカの高名な医師にも「治らない」と言われ、必死に訓練したようです。

上手くいかない時はイライラすることもあるようですが、現在は「上手く付き合う方法を覚えたので、前ほどパニックにはならなくなりました」と話しています。

そんな中島さんですが、婚姻中に子供は出来なかったのでしょうか。

一説には中島さんが不妊症なのではないかとも言われ、それも離婚の原因の1つではとも見られています。

しかし、中島さんは以前「子供は別に欲しくない」と言った旨の発言をしています。

若い頃は「彼氏や夫の為に毎日食事を作ったり、家事はしたくない」とも話しており、あまり家庭的ではないのかも知れませんね。

まとめ

今回は中島美嘉が僅か3年で清水邦広と離婚!!子供や病気のことが気になる!などの情報をお届けしました。

2月2日、代理人を通じて人気シンガーの中島美嘉さんが、3年間の結婚生活を終え離婚した事を発表しました。

離婚理由は東京~大阪と言う遠距離結婚で物理的な距離感が心にもリンクしてしまったようです。

これから当人達の口から、離婚理由や婚姻生活の事が語られるかも知れませんので目が離せないですね。

Pocket
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ