山﨑ケイのwiki風プロフィール!身長体重やカップは?高校や水着画像が気になる!

Pocket
LINEで送る
Pocket

山﨑ケイさんはよしもとクリエイティブエージェンシー所属のお笑いコンビ”相席スタート”のメンバーです。

お笑いコンビ”相席スタート”で山﨑さんはボケ担当、ツッコミ担当の山添寛と活動しています。

2016年にM-1グランプリで決勝にコマを進めて世間の注目を集め始めました。

今回は山﨑ケイのwiki風プロフィール!身長体重やカップは?高校や水着画像が気になる!などの情報をお届けしていきます。

山﨑ケイのwiki風プロフィール!身長体重やカップは?

山﨑ケイさんは、お笑いタレント志向が強く、大学卒業後OLになるのですが、それもこれもNSCに通うための資金捻出の為だったと言います。

2012年、山﨑さんは当時組んでいたコンビ「KBBY」を解散、同時期にコンビを組んでいる山添さんも当時のコンビ「ヒダリウマ」を解散しました。

たまたま、世話になっている作家が同じだったと言う縁もあり、その作家に勧められてコンビを組むことになります。

では、ここで山﨑ケイさんのwiki風プロフィールを振り返ります。

名前:山﨑ケイ(やまざきけい)

本名:山﨑恵(やまざきけい)

生年月日:1982年6月13日(2018年現在35歳)

出身地:千葉県柏市

血液型:B型

身長:163cm

体重:70kg

趣味:旅行、昼ドラ観賞、酒、食べ歩き、カードゲーム

特技:料理、空手、フットサル、恋愛相談、人生相談

所属事務所:よしもとクリエイティブエージェンシー

引用元

山﨑さんのキャッチフレーズは「丁度イイ感じのブス」、「美人でもないがブスでもない女」で、周囲からは「イイ女の雰囲気を出している芸人」と言われています。

この山﨑さんのキャッチフレーズが相席スタートのコントのネタであり、肝でもあるのです。

山﨑さんの特技である「恋愛相談」も、ネタの仕入れと言っても良く、コントの種には困らないようですね。

さて、そんな山﨑ケイさんですが、カップ数などが気になっている人が多いようです。

山﨑さんのカップについては、Eカップと言うのが有力でしたが、実際に本人がテレビで「Fカップ寄りのEカップ」と語っています。

さて、そんな山﨑さんに対してネットでは・・・・。

・ブスもピンキリ

・結局ビジュアルはどうにもならんし、いい女ぶるなとw

・いや可愛いだろ

・ちょうどいいブスってAKBにたくさんいる子たちのことじゃないの?

・言うほどブスじゃねーだろ。世間のブスはどうなるんだよ… 

・モテない男が「このレベルならイケる」と思うちょうどいいブス

・一般人だったらこのレベルはブスとは言わないよね

・普通と印象されることはそれだけである種の安心感を与えるんだろうw

引用元

山﨑ケイの高校や水着画像が気になる!

さて、そんな”丁度イイ感じのブス”である山﨑ケイさんですが、検索ワードには水着画像が頻繁に出てきます。

しかし、残念ながら山﨑さんの水着画像ですが、基本的にはお笑い芸人なので全く見付けることが出来ませんでした。

唯一あったのは、すぐにアイコラと判ってしまうものでした。

山﨑ケイ 水着画像

完全に合成ですね。

山﨑さんは、お笑い芸人をしていますが実のところ学歴はかなり高いものです。

大学は早稲田大学第一文学部卒業で、1度は普通の企業に就職していますので、そのまま普通の道を選んでもそれなりの生活は出来たと言えます。

早稲田大学第一文学部は偏差値65~70と言われていますね。

大学が判明している分、山﨑さんの高校に興味がある人が多いようです。

ですが、残念ながら高校は公表しておらず、情報も非常に少ない状況でした。

ただ、住んでいた場所が千葉県と言う事、早稲田大学に進学出来る事などである程度絞ることが出来ます。

更に山﨑さん自身がSNSで発信した情報の中に、「取手」の学校に通っていたと言う表記があり、俄然絞る事が容易になりました。

取手市内で早稲田に進学出来るレベルの高校は偏差値70ほどの「江戸川学園取手高等学校」が有力な候補でした。

同市内では他の高校は偏差値55以下で、早稲田大学進学は困難と言えますのでまず間違いないと言えますね。

まとめ

今回は山﨑ケイのwiki風プロフィール!身長体重やカップは?高校や水着画像が気になる!などの情報をお届けしました。

2016年にM-1グランプリでファイナリストにまで登り詰めたお笑いコンビ”相席スタート”ですが、中でもボケ担当の山﨑ケイさんは「丁度イイ感じのブス」と言った新ジャンルで注目を集めています。

一気にブレイクと言った感はありませんが、ジワジワとファンを引き付けているようですね。

相席スタートだけでなく、山﨑ケイさん単体での今後の活躍に期待していきたいところです。

Pocket
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ