岡田惠和は脚本家で朝ドラ「ひよっこ」も!過去作品や映画など調査!

岡田惠和さんは脚本家で有名ですよね。

朝ドラ「ひよっこ」も人気でしたけど、他の過去作品はどんな物があるのでしょうか?

映画なども手掛けていますかね・・・私生活も全然知らないですし色々と調べて見ましょう。

岡田惠和さんとは?

岡田惠和(おかだよしかず)さんは1959年2月11日生まれの現在58歳。

東京都三鷹市出身。

脚本家、マンガ原作者になりますね。

和光高等学校を卒業しワコウダヂ学人文学科に入学しますが、中退しています。

企画会社勤務後にフリーライターになり、音楽評論家・FMのDJを経て、1990年に脚本家としてデビュー。

なかなか変わった経歴ですよねwwwww

シナリオの修行は東京・青山のシナリオセンターで行っていたそうです。

ここの卒業生として有名な売れた人として、岡田さんと内館牧子さんの二人の名前が上がりますね・・・

1990年、ドラマチック22 香港から来た女で脚本家デビューを果たしていますね。

それ以降はずっと活躍しているイメージです。

脚本家ってことであまり表だって活動はしていないと思いますが、画像もありますね。

見た感じとても温和そうなイメージを受けますけど・・

私生活はほとんど知りませんが、結婚はされていますね。

お嫁さんは岡田めぐみさんというかたで、自宅で中国料理教室「チャイナサロン」を経営しているって事です。

調理師・食育インストラクター・国際薬膳食育士3級の資格も持っています。

また料理エッセイ本「ごはんはいつも、家族の真ん中に」の著書もあります。

こんなお嫁さんなら毎日美味しいご飯が食べられそうで、羨ましいですねwwww

そして子供ですが、二人の息子さんがいらっしゃるようです。

長男は海都さん、次男は広海さんというかたですね。

いつ頃結婚したとかそういう情報が無いので、何歳とかって言うのはわかりませんけどね・・

また岡田さんは基本的には人嫌いなんで、あなたのことを干渉しないから僕のことも干渉しないでくださいってスタンスなんだそうです。

それってあまり良くない気もしますけどねwwwww

岡田さんの父親も芸能界系で、演劇の音楽を作る仕事をしていたそうです。

一緒に稽古場についていって子供の頃から演劇には親しみがあったという事ですね・・・

だとすると、同じように息子さん達が芸能関係の仕事に携わる可能性は高いかもしれません。

親の背中をみて子供は育ちますからねwwww

朝ドラ「ひよっこ」で話題!

人気の内に終了したNHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」

朝ドラは視聴率も良いですし、老若男女観てる作品として親しまれていますよね。

岡田さんは朝ドラに縁があり「ちゅらさん」「おひさま」につづいて「ひよっこ」ということですね。

縁があるっていうか、実力があるからこそオファーが来るんでしょう。

「ひよっこ」は実在の人物の生涯をベースにするのでは無く、昭和の高度経済成長期を生きる、ごく普通の人々が織りなす物語を描いています。

岡田さんのオリジナル脚本って事ですね・・

NHK朝ドラも結構実在のストーリーが多いですけど、オリジナルはやっぱり良いですよね。

「一話ずつ書き進めて、現時点での自己ベストは苦しみながらも出せたかなと思っています」

と岡田さんは達成感もあるようです。

朝ドラのヒロインといえば

”明るく前向きに夢に向かって”突き進むみたいな感じが多いかもしれませんが、岡田さんが描いたヒロインは普通の女性という感じですよね。

「自分が一番愛せる人物像をヒロインとして描いた」

ということですが、それはそんなに前向きでも無く、リーダーシップを取るタイプでも無く、無謀な行動もしないけれど、辛いことも楽しい事もある毎日を大事に生きている人。

そういう人をヒロインにして物語を描いたということです。

そのヒロインを演じたのが有村架純さんってことですね。

今年の紅白も司会ってことで凄いですね!↓

有村架純が紅白司会で高評価!反面全体的にグダグダ過ぎる演出に不満も!

有村架純さんには絶対の信頼があるみたいですね・・たしか名指しでお願いしたんだと思います。

確かに普通の女性を演じるのはとても上手でした。

そしていつものヒロイン像とは違いますが、それが良かったと思いますね。

視聴者が共感できたっていうのが「ひよっこ」の成功の秘密だと思います。

もちろん、岡田さんの脚本のなせる技だと思いますけどねwwww

過去作品や映画なども調査!

さて、岡田さんの代表作は「ひよっこ」だけではありません。

過去にも有名な作品がありますのでご紹介していきましょう。

ドラマ

・イグアナの娘
・君の手がささやいている
・最後から二番目の恋
・ど根性ガエル
・泣くな、はらちゃん
・あいのうた
・ボクの妻と結婚してください

映画

・いま、会いにゆきます
・おっぱいバレー
・世界から猫が消えたなら
・8年越しの花嫁 奇跡の実話

などたくさんの作品があります。

どれも素晴らしい作品だと思いますけど、気に入った俳優女優を起用するっていうことが多いのかな?

松山ケンイチさんとかは気に入ってる俳優なんじゃ無いかと思います。

有村架純さんもですけどねwwww

色々な作品で名言も多いって言うのが特徴ですかね?

なんかほのぼのしているイメージもありますけどね・・・

今後もまだまだ活躍していくのは間違い無いでしょう。

また朝ドラお願いしたいですね。

脚本家繋がりでこちらもどうぞ↓

大宮エリーが通っていた高校はどこ?電通を辞めた理由

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ