不倫スキャンダルで干されたマギーが女優として復帰?!事務所のゴリ押しか!?

バンド「Hi-STANDARD」のギタリスト横山健さんとの不倫報道が今年2017年1月に報じられ、後追い報道はなかったものの、その後テレビから姿を消したハーフタレントのマギーさん。

この報道以前は、飛ぶ鳥を落とす勢いでテレビ出演していただけに、マスコミなどのバッシングはなかったにせよ、完全に干されていたと見られていました。

しかし、マギーさんの本格復帰はタレントではなく、女優としてのものになると報じられ批判が噴出しています。

今回は不倫スキャンダルで干されたマギーが女優として復帰?!事務所のゴリ押しか!?等の情報をお届けしていきます。

不倫スキャンダルで干されたマギーが女優として復帰?!

ハッピーマンデー✌🏻💕 今日の #ヒルナンデス

A post shared by Maggy (@maggymoon) on

今年2017年初頭から、不倫報道で世間を騒がせテレビから姿を消していたハーフタレントのマギーさん。

何とマギーさんは、11月25日からスタートする女優の綾瀬はるかさん主演のNHK大河ファンタジー「精霊の守り人~最終章~」に女優として本格復帰することが伝わってきました。

しかも、マギーさんはこれが初めての女優業となり、スキャンダルの復帰作としてNHKが出演を認めた事にも多くの批判が集まっているようです。

同作は、作家・上橋菜穂子さん原作のファンタジー小説「守り人シリーズ」をベースにしており、昨年2016年3月から全3部作として放送されてきました。

11月にスタートする最終章は正に、3部作最後の物語になります。

精霊の守り人は人気原作を題材にしており、しかも主演が綾瀬さんと言う事でNHKも高視聴率に自信をもって送り出したドラマなのですが、想定よりもかなり低い視聴率に留まっています。

そんな中で、最終章はこれまでの2シーズンより何が何でも高視聴率を取らなければいけない中、視聴者から批判が上がるキャスティングをしたことで、更なる視聴率低下に繋がるのではないかとの声も出ています。

実際のところ、マギーさんの出演部分は昨年2016年の11月頃に撮影を終えていたもので、マギーさんの出演は不倫報道以前に決まっていたと言います。

ですが、スキャンダルから約1年近いスパンがあったのですから、本来であればマギーさんの出演部分は撮り直しが出来た筈です。

むしろ、1年のスパンでスキャンダルをなかったこととして扱うと言う無神経さには、国営放送局であるNHKへの批判が上がるのは当然の事と言えますね。

この報道にネットでは・・・・。

・精霊の守り人まだやるんだ… 

・不倫バレてから見なくなったなー

・精霊は楽しみだがマギーはちょっと

・まだいたのか

・モデル上がりの奴を試験的に電波に乗せて演技させるな

・ガッカリな大型連続ドラマになってしまった

・海荷共々さっさと謝罪して消えろ 

・納得、マギーは受け入れられない 

・視聴率悪い上にマギー出すとなったら、いよいよ壊滅的状況だろ

・皆様から強制的に徴収した受信料から不倫女への報酬も支払っております

引用元

ネットではこうした復帰の仕方は許せないと言う声が圧倒的多数です。

マスコミの後追い報道がなかったにせよ、スキャンダルの事実は消えた訳ではなく、釈明や謝罪もせずにひたすらほとぼりが冷めるのを待つと言ったマギーさんの姿勢に納得出来ないと言う意見も少なくありません。

マギーの復帰決定は事務所のゴリ押しか!?

#HMSTUDIO 🍂

A post shared by Maggy (@maggymoon) on

最近は不倫報道で大きな痛手を受ける芸能人が多い中、数人はその需要や知名度に関係なく、生き残る人がいます。

今回の場合と同じく、NHKの大河ドラマ「西郷どん」では、主役の渡辺謙さんも今年初頭に不倫報道が報じられ謝罪会見まで開きました。

しかし、降板はすることなくドラマ出演が決まっています。

一方、同じ「西郷どん」にキャスティングされていた女優の斉藤由貴さんは、不倫報道で同ドラマだけではなく、全ての仕事から降板する事態になっています。

どちらがイメージ的に問題があったのかと言えば、1度不倫などでバツイチになっている渡辺謙さんの方が、癌闘病中の妻をよそに不倫浮気を続けていたので世間の見方は斉藤さんに対するものより厳しいと言えます。

それもこれも、今や「マスコミvs芸能界」と言う図式が成り立たず、「ネットの一般視聴者vs芸能界」と言う体になっている為です。

つまり、日本のマスコミは最早正しく機能しておらず、パワーバランスの上でしか成り立たないものになっている為、ゴリ押し出来る事務所に所属しているタレントは力業で守ってもらうことが可能になっているのです。

こうした構図が「ブラック事務所」を作り上げている要因であるにも関わらず、放置されている為に「ゴリ押し」や「奴隷契約」などの真逆の図式が出来上がっていると言えます。

マギーさんは、何かと騒がれているレプロエンタテイメントの所属で、先頃不倫報道が報じられた女優の川島海荷さん共々、力業で守ってもらっていると言う状況です。

こうした業界の体質はいつになったら改善されていくのでしょうか。

まとめ

今回は不倫スキャンダルで干されたマギーが女優として復帰?!事務所のゴリ押しか!?等の情報をお届けしました。

今年2017年初頭に不倫スキャンダルを報じられ、だんまりを決めこんだ上に、雲隠れしていたマギーさんですが、11月放送予定の「精霊の守り人~最終章~」で、女優デビュー、完全復帰を目論んでいることが発覚、批判を浴びています。

マギーさんの場合は、元々需要も少なく、アンチは多かった為に炎上も一際と言った状況です。

このまま本格復帰が思惑通りに進むのか、まだまだ予断のならないこの話題に注目していきたいところですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ