カズオ・イシグロがノーベル文学賞受賞!日本語は?村上春樹やおすすめ作品も調査!

カズオ・イシグロさんがノーベル文学賞を受賞したということで発表されました。

おめでとうございます。っていうのは良いんですけど、カズオ・イシグロさんって全然しりませんwww

日本人なんですかね?そういえば村上春樹さんはまたダメだったという事でしょうか?

おすすめ作品や色々な事を調べていきましょう。

カズオ・イシグロさんとは?

カズオ・イシグロさんは漢字表記だと石黒一雄ということです。

名前を見ると日本人ですよね?

1954年11月8日生まれの現在62歳。

長崎県出身ということですね。

海洋学者の父親・石黒鎮雄さんと母親・静子さんの間に生まれています。

幼少期には長崎市内の幼稚園に通っていたということですが、1960年の5歳の時にイギリス政府に国立海洋学研究所に承知されて勤務する父親が、北海で油田調査をすることになり、一家でサリー州・ギルドフォードに移住。

現地の小学校・グラマースクールに通っています。

卒業後にギャップ・イヤー(高校卒業から大学の入学、あるいは大学卒業から大学院への進学までの期間のこと)を取り、北米を旅行したり、デモテープを制作してレコード会社に送ったりしていたということです。

この頃は音楽への道へ進みたかったみたいですね・・・。

1978年にケント大学英文学科、1980年にはイースト・アングリア大学大学院創作学科に進んで、批評家で作家マルカム・ブラッドベリさんの指導を受け、小説を書き始めています。

卒業後はミュージシャンを目指していましたが、文学者に進路を転じています。

1982年、英国に在住する長崎女性の回想を描いた処女作「女たちの遠い夏」で王立文学協会賞を受賞し、9カ国語に翻訳されています。

この年にイギリスに帰化しているということですね。

っていうか処女作で凄い人気が高かったというのがわかります。

1986年には長崎を連想させる架空の町を舞台に戦前の思想を持ち続けた日本人を描いた第二作「浮世の画家」でウィットブレッド賞を受賞。

若いときから才能を開花させていたってことですかね?

この年にイギリス人のローナ・アン・マクドゥーガルさんと結婚されています。

1989年、英国貴族邸の老執事が語り手となった第3作「日の名残り」で英語圏最高の文学賞とされるブッカー賞を35歳の若さで受賞しています。

これでイギリスを代表する作家ということですね・・

この作品は1993年に英米合作でジェームズ・アイヴォリー監督、アンソニー・ホプキンス主演で映画化もされています。

他にも色々と出版されていますし、そのどれもが高い評価を得ているようです。

ノーベル文学賞受賞!村上春樹はどうした?

カズオ・イシグロさんがノーベル文学賞受賞ということで、日本でも盛り上がっています。

イギリスに帰化しているとはいえ、ご両親も日本人ですし、イシグロさん本人も日本人には違いないですよね?

出身の長崎県でも盛り上がっているってことですけどね・・・。

ちなみにノーベル文学賞は文学の分野において理念をもって創作し、最も傑出した作品を創作した人物に授与されるという事です。

それに選ばれたってことですよね・・・。

「壮大な感情の力を持った小説を通し、世界と結びついているという、我々の幻想的感覚に隠された深淵を暴いた」

等の理由により受賞したって事です。

難しすぎてわかりませんけどねwwwww

作品の特徴として「違和感」「むなしさ」など感情を抱く登場人物が過去を曖昧な記憶や思い込みを基に会話・回想する形で書き出されることが多く、人間の弱さや、互いの認知の齟齬が読み進める度に浮かび上がってくる物が多いという事です。

字にして書くと凄く難しく感じますけど、一番良いのはカズオ・イシグロさんの作品を読むことでしょうねwwww

さて、ノーベル文学賞といえば村上春樹さんはどうしたんでしょうか?

結局、今年も受賞出来なかったんですね・・

ノーベル賞向きじゃ無い作家なんですかね?

まあ期待しないで待ってた方がいい気がします。

日本語は?

5歳で渡英したってことで、日本語はほとんど話せないっていう噂もありますけど、逆に母親は日本語を話していたので、日本語もわかるって言うのもあります。

どっちなんでしょうか?確かに両親が日本人なんだから家では日本語で会話していた気もしますけどね・・・。

違うのかな?日本の影響はそんなに受けていないってことですが、想像で日本を書くっていうのもある意味良かったのかもしれませんね・・。

まあ、小説にしろ日本語ではなく、英文で書いているわけで・・・

日本の影響も少しはあると思いますけどね。

おすすめ作品は?

一番わかりやすいのは2005年に発表された「わたしを離さないで」だと思います。

日本では2014年に蜷川幸雄さんの演出で舞台化もされていますし、2016年には綾瀬はるかさん主演でテレビドラマ化もされています。

とてもとっつきやすくて良いんじゃないでしょうか?

臓器提供を運命づけられた若者達を描く作品ですが、面白そうですよね・・。

また1989年に出版された「日の名残り」も名作でしょう。

失われつつある伝統的な英国を描いているってことですね・・・。

こう言うのってどうなんですかね?

全部が翻訳されてますよね・・翻訳家の力量も必要ですよね・・。

今後はイシグロさんの本が売れるんだと思います。

是非手に取ってその素晴らしさに触れてみたいですね。

受賞おめでとうございました!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ