渡辺麻友「肩書がなくなったら何も残らない」と不安を吐露!卒業生全滅の現実!

渡辺麻友さんはAKB48のメンバーで、常に選挙では上位に入る中心メンバーです。

今年2017年の総選挙でも2位に輝き、その際のスピーチで年内での卒業を発表しました。

そんな渡辺さんがテレビ番組に出演した際、将来について「すごく不安」とネガティブな状況にあることを語りました。

今回は渡辺麻友「肩書がなくなったら何も残らない」と不安を吐露!卒業生全滅の現実!などの情報に着目していきます。

渡辺麻友「肩書がなくなったら何も残らない」と不安を吐露!

出典:akb48taimuzu.livedoor.biz/

長い期間、AKB48の中心メンバーの1人として活動してきた”まゆゆ”こと渡辺麻友さんですが、年内で卒業することが決まりました。

AKB48で言えば、正に「最後の大物」の卒業とあって、今後のAKB48の活動も危ぶまれます。

しかし、渡辺さんにとっては自身の将来に気を病んでいるらしく、バラエティ番組に出演した際にその心情を吐露しました。

番組では共演した女優の田中麗奈さんが、18歳で出演した「サントリーなっちゃん」のCMイメージがいつまでもついて回った事に苦悩していたことを告白。

出典:https://japaneseclass.jp/

それを受けて渡辺さんは「AKBの中では王道アイドルって言って頂いてる。最初は平気だったんですけど、自我が芽生え始めると言うか、本来の自分じゃない・・・・」と暴露。

MCが「もうアイドル疲れました?」と訊かれると「疲れては無いですけど・・・・はい」とボソボソと遠慮がちに答えます。

その後、テーマは仕事への不安になると渡辺さんは「自分自身は、結構常に不安を抱えています」と話します。

更に「今、AKB48の中にいるけど、AKBって言う肩書がなくなったら何も残らないので、そういう不安って言うのはあります。めっちゃ考えます、すごい不安です」と卒業を控えて不安しかないことを告白しました。

出典:https://japaneseclass.jp/

渡辺さんは卒業後の進路として、女優と言う方向性を決めているようですが、そもそも歌って、踊って、ファンと交流して成り立っていたグループのメンバーが女優で成功する可能性は低いと言えます。

言ってみれば、専門分野ではないことにチャレンジするのですから、不安が残るのは仕方が無い事でしょう。

また、どんな世界でも同様ですが「肩書」があって初めて世間は認めてくれます。

その肩書がなくなった時、世間は異常なほど、且つ必要以上に冷たく、相手にもしてくれません。

出典:http://www.oricon.co.jp/

そういう意味では、渡辺さんは勘違いせずに自分がいずれ置かれる立場をシッカリ理解出来ていると言え、むしろソロになる心構えがちゃんと出来ていると言う事が言えます。

この話題にネットでは・・・・。

・過去の人を見ていくとな 

・よく分かってるな 

・そう言うビジネスモデルだからな

・むしろ「元AKB」の肩書が足かせとなる 

・卒業生みてたら不安になるわな

・よく分かっててワロタww 

・冷静だな。その通りやでw 

・AKBグループ抜けたらただの人 

引用元

出典:https://mdpr.jp/

ネットでは渡辺さんが意外に冷静に客観的に自分を見ていることに少なからず驚きがあるようです。

渡辺さんが卒業して成功する可能性は5分5分と見られているようですね。

渡辺麻友以外の卒業生全滅の現実!

出典:http://d.hatena.ne.jp/

そんな渡辺麻友さんですが、将来に不安を感じるのも仕方がありません。

AKB48の卒業生は、在籍中上位にいたメンバーでも軒並み活躍出来ていない状態だからです。

その多くがAKB48でやっていた事のレベルのまま転身しているので、それではソロになって売れる訳がありません。

また、AKB48で上位にいたとしても、ファンの競争を煽る商法をとっていた為、純粋に推しメンのファンだった人ばかりとは言えないのです。

出典:akb48taimuzu.livedoor.biz/

常にセンターにいた前田敦子さんにしても、卒業後は歌に関しては需要がゼロだったと言えます。

女優として出演作はそこそこあるものの、減少傾向にあると言う事は見限られ始めていると言う事です。

前田さんと常にトップ争いをしてきた大島優子さんも、卒業後は女優業に専念していましたが、現在は先の見通しが立っていないレベルです。

板野友美さんは、歌手として立身しようとしているようですが、AKB48レベルの歌唱力とダンス力ではソロでの活動は厳しいようです。

出典:atsuko-maeda.com/

出典:http://endia.net/

出典:http://gossip1.net/

かつては「神7」と呼ばれた3人がこの状態ですから、同じ「神7」の1人でもある渡辺さんが不安を感じるのは当然でしょう。

問題はどの道を、どんな風に歩むかによって大きく変わるのでしょうね。

まとめ

今回は渡辺麻友「肩書がなくなったら何も残らない」と不安を吐露!卒業生全滅の現実!などの情報に着目してみました。

卒業を発表し、その日が刻々と近付いてくる中、AKB48の渡辺麻友さんはその不安な胸中をテレビ番組で明かしました。

成功した前例が全く見受けられない状況での卒業&ソロ活動ですので不安になるのは当然です。

卒業後の渡辺麻友さんの活動に注目していきたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ