フロイド・メイウェザーがマクレガーと対戦!ファイトマネーはいくら?

ボクシング元5階級王者で49勝無敗の戦績を残して引退したフロイド・メイウェザーJr.選手が現役復帰することになりました!

気になる相手はコナー・マクレガー選手で世界最大の総合格闘技団体UFCのライト級とフェザー級の2階級王者となっています。

試合の日時は2017年の8月26日で場所はネバダ州ラスベガスで対戦することが決定しました。試合はボクシングと総合格闘技の異種格闘技戦になるということですね~

メイウェザー選手は2015年の9月にアンドレ・ベルトを倒して以来の約2年ぶりとなる現役復帰となります。

一方のマクレガー選手はUFCでの戦績は21勝3敗となっていて2016年11月には史上初となるUFCでの2階級同時制覇を達成しています。

マクレガー選手はメイウェザー選手との対戦を熱望していて2016年11月にカリフォルニア州でプロボクシングのライセンスを取得していることから試合形式はボクシングでの試合となりそうです。

 

プロフィール

名前    :フロイド ジョイ シンクレア

階級    :スーパーフェザー級 – スーパーウェルター級

身長    :173cm

リーチ   :183cm

出身    :アメリカ合衆国 ミシガン州

生年月日  :1977年2月24日(40歳)

 

戦歴

アマチュアボクシング : 90戦 84勝 6敗

プロボクシング    : 49戦 49勝 26KO 無敗

メイウェザー選手は1977年にボクシング一家に生まれました。父親はボクシングのシュガー・レイ・レナードと対戦経験があって叔父は世界2階級で王座に就いています。

1996年にはアトランタ五輪に出場してフェザー級で見事、銅メダルを獲得。

五輪で金メダルを逃したメイウェザー選手は1996年にプロデビューを果たします。

 

デビューから37連勝で迎えた2007年には6階級を制したオスカー・デラホーヤ選手とのスーパーウエルター級世界タイトルマッチの世紀の一戦を行い、2-1の判定で勝利。

この一戦で無敗のまま世界5階級制覇達成したことによって一気に知名度が上がることになります!

 

2008年に現役引退を宣言しましたがわずか1年後に復帰。私生活では2012年に女性への暴行事件で服役したりと自由奔放なことでも知られています。

 

2015年5月にはマニー・パッキャオ選手とのスーパーファイトにも判定勝ちを収めています。

 

出典:デイリースポーツ

ファイトマネーはいくら?

今回現役復帰することになったメイウェザー選手はコナー・マクレガー選手とのスーパーウエルター級のリミット69・85キロの契約での試合になります。

マクレガー選手はUFCで史上初めて2階級の王座を同時に達成するなど無敵をほこっていますが今回が初めてのプロボクシングのデビュー戦。どうしたってメイウェザー選手の有利の声が圧倒的になっています。

 

もしかすると今回は試合の勝敗よりもファイトマネーがいくらになるのか?ということのほうが注目度は高いかもしれません(笑)

PPVやスポンサー収入などの売上総額の予想がされていてメイウェザー対パッキャオ戦の収益は約685億3000万円というとんでもないお金が手に入ったんですが今回もそれに匹敵する約666億6000万円というとんでもない数値が弾かれています。

どちらもたった一戦しただけでファイトマネーは300億円以上となる計算です(汗)日本での試合とは次元が違いすぎますね(笑)

 

 

緊急入院中の女優の野際陽子13日に死去!闘病虚しく志半ばで亡くなる!↓

緊急入院中の女優の野際陽子13日に死去!闘病虚しく志半ばで亡くなる!

マクレガーとの対戦!

マクレガー選手はどうった選手なんでしょうか?サウスポースタイルで戦うことで知られていてUFCでは左ストレートでダウンを奪っていることが多いことからパンチ力があることは間違いはないと思います。

メイウェザー選手はディフェンスの名手と言われている選手ですので試合のポイントはマクレガー選手がどれだけパンチを当てることが出来るかに注目が集まっていくと思います。

 

マクレガー選手は

「メイウェザーを30秒で倒せる」

と自信たっぷりのコメントを出していますが今回はパンチのみですので非常に厳しい戦いが予想されます。

ファンが期待しているのはKO勝利での試合での決着だと思われますが今回も判定勝ちでの試合決着のような気がしてなりません…

いずれにしても今後の試合等も含めてメイウェザー選手の言動に注目ですね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ