結婚しない主義?の阿川佐和子がついに結婚!略奪婚との噂も真相は?

タレントでエッセイストの阿川佐和子さんが5月9日に63歳にして結婚をしました。

阿川さんは連載を持っている「週刊文春」にて結婚を発表し、各報道関係などにFAXを送信しています。

お相手は、かつてより交際を噂されていた69歳の元大学教授の男性です。

今回は結婚しない主義?の阿川佐和子がついに結婚!略奪婚との噂も真相は?などの情報をお届けしていきます。

結婚しない主義?の阿川佐和子がついに結婚!

出典:torendosokuhou.com/

タレントであり、作家・エッセイストの阿川佐和子さんが5月9日に結婚をしました。

63歳まで1度も結婚しておらず、「結婚しない主義」の女性だと思われていましたが、そんな阿川さんの突然の結婚発表に驚いています。

お相手は、かねてより報道などで交際が噂されていた元大学教授の男性です。

男性は69歳で、阿川さんより6歳年上で1回の離婚歴があります。

出典:http://pine7.com/

阿川さんが報道各社に送った結婚発表のFAX全文は次の通りです。

この度、五月の初めにわたくし阿川佐和子は六十三歳にしてようやく結婚致しました。

その件について、週刊文春5月18日発売号にてご報告させて頂きました。

こんな高齢者の結婚を、わざわざマスコミの皆様にお伝えするような事柄とも思えませんが、普段、各界の著名な方々にインタビューする立場上、まして週刊文春では「阿川佐和子のこの人に会いたい」にてゲストに根掘り葉掘り聞き出す退団連載を二十五年間も続けている身として自分のことは「聞かないで!」と拒否するわけにはいくまいと覚悟を決め、無謀ながら文春砲の本拠地にて書かせて頂きました。

些末なことと恐縮しつつ、ここに報告させて頂きます。

相手は六十九歳の一般人で、バツイチです。

もはや定年退職した隠居の年齢ではありますが、幸いにして、まだ細々と教育関係の仕事を続けております。

残念ながら父は二年前に他界しているので正式な報告はできませんでしたが、物忘れが進み始めた母や、兄妹、親戚、母の世話をしてくれているご夫婦など、ごく身近な人間には紹介し、入籍の報告を致しました。

母はとうの昔に娘の結婚については諦めていたようで、今回の事を伝えると、「え?サワコが結婚するの?誰と?どうして?」とかなりの驚きよう。

でも間もなく忘れるらしく、弟が「さあ、サワコの結婚相手との食事会に出かけるよ」と言うと「え?サワコが結婚するの?誰と?どうして?」を繰り返す始末。

いまだに会う度、同じやり取りを続けております。

もはや母の頭の抽斗(たんす、引き出し)からは「娘が結婚する」という一大事業が完全削除されているらしく、今後も定着することはなさそうです。

こうなったら毎回、驚いてもらうしかありません。

相手を家族に紹介するための小さな食事会を執り行いましたが、それ以上、挙式や披露宴、パーティーなどはいっさい予定しておりません。

まだ双方の親の介護もありますし、喫緊(差し迫った)の仕事が詰まっている現状もあり、とりあえずは区役所に届けるという経験をしたことだけで、しみじみと実感しているところです。

実際問題、姓が変わるということは、パスポートも免許証も銀行口座も実印も保険証も、こんなにたくさん書き換え事業があると知り、あたふたするばかりで、まだその作業も終わっていない状況です。

苗字を変えるのは、面倒なものなのですね。

この歳になるまで知らなかったです。

今後はできることなら、互いの健康に気遣いつつ(これが何よりのテーマです)、足腰が丈夫なうちにできるだけたくさん好きなゴルフをし、おいしいものを「おいしいね」と言い合い、くだらないことを笑い合って、ときどき言い争いつつ、穏やかに老後を過ごしていければ幸いかと存じます。

マスコミの皆様におかれましては、恐縮ながら、この一文をもってご了解いただけますよう、どうかよろしくお願い申し上げます。

2017年5月

阿川佐和子

引用元

出典:news.walkerplus.com/

阿川さんは、かなりの長文で結婚の報告をしました。

饒舌さに、阿川さんの喜びや照れくささが伝わってきます。

タイミング的に阿川さんの父親が亡くなって数年と言う事から、やはりこれまでは中々父親のお眼鏡にかなう人がいなかったのが結婚しなかった原因なのかも知れません。

また阿川さん自身、これまで相当数のお見合いをしており、ここに至っての結婚は飽くまで老後のパートナーと言う意識が強いのかも知れませんね。

出典:www.trip.kyoto.jp/

この話題にネットでは・・・・。

・子作りに励んでください 

・ちょっとショックなんだが 

・檀ふみさんを連想した 

・父権が強すぎてこじらせた娘って感じの人 

・終活

・黄昏流星群かな 

・心からおめ 

・俺の中じゃ眞子さまの婚約発表よりインパクトあるわ 

引用元

出典:journal.rikunabi.com/

ネットでは祝福の声が多いものの、驚きの方が強いようです。

阿川佐和子、略奪婚との噂も真相は?

出典:http://www.jprime.jp/

さて、そんな阿川佐和子さんの結婚ですが、少しややこしい話になっています。

今回、阿川さんが結婚した男性Aさんは、阿川さんと出会った際は既婚者だったと言います。

2人の出会いは、約30年前でAさんの奥さんは何と阿川さんの友人だったそうです。

阿川さんとAさんがいつ頃から付き合い始めたのかは判りませんが、少なくともAさんが婚姻関係があった際から交際していたようです。

出典:http://www.livenan.com/

Aさんは離婚理由を「だんだんお互いの生活リズムが合わなくなった」としていますが、生活リズムが違うのはごく普通のことです。

それが離婚の正当な理由になり得るとは思えません。

Aさんの元妻に報道関係者が取材すると、2人の関係について「本当にお幸せでいいと思います。私にとってはもう終わっている話ですから。それで今のわたしがあるんですよ」と答えています。

報道ではサバサバしていたとありますが、長年連れ添ってきた上に夫だけではなく友人にまで裏切られたのですから、コメントは皮肉と受け取るのが正解でしょう。

出典:http://www.livenan.com/

結婚までしたと言う事を聞いたら奥さんは、今一体何を思っているのでしょうか。

結果としては、阿川さんらしくない略奪婚となった模様で、阿川さんがこれまで結婚しなかった一番大きな理由はAさんの存在だったのかも知れませんね。

まとめ

今回は結婚しない主義?の阿川佐和子がついに結婚!略奪婚との噂も真相は?などの情報をお届けしました。

63歳にして独身を貫いてきた阿川佐和子さんが結婚をしました。

長年の友人の元夫がお相手と言う事もあり、略奪婚とも言われています。

かなりの晩婚となった訳ですが、略奪婚が妙な騒動にならなければ良いですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ