松嶋菜々子がフジテレビに恨み節!主演ドラマが大コケ!出演し続ける事情とは?

復帰後の主演ドラマ「家政婦のミタ」で社会現象まで巻き起こした女優の松嶋菜々子さん。

流石、視聴率女王は数字を持っていると、業界では色めき立ちました。

ですが、その後の出演作では中々視聴率は振るわない状況に陥っています。

今回は松嶋菜々子がフジテレビに恨み節!主演ドラマが大コケ!出演し続ける事情とは?などの情報をお届けしていきます。

松嶋菜々子がフジテレビに恨み節!主演ドラマが大コケ!

出典:http://picssr.com/

結婚と出産で長期休業をしていた松嶋菜々子さんが本格復帰を果たしたのが2011年のことです。

復帰後に主演したドラマ「家政婦のミタ」は近年稀に見る高視聴率でした。

これは、やはり視聴率女王の松嶋さんゆえだと誰もが思ったものです。

しかし、それが間違っていたことは、その後の松嶋さんの主演ドラマの視聴率を見れば明らかです。

出典:www.google.co.jp/

そして、今回フジテレビ系で15、16日2夜連続で放送されたドラマスペシャル「女の勲章」に松嶋さんが主演し、6.3%と言う低視聴率を記録、大きな話題になっています。

同ドラマは、「白い巨塔」などでもお馴染みの山﨑豊子さん原作で、これまでにも2~3回リメイクされています。

と言う事で設定は古臭く、今の時代にはあまり即していない物語であることは間違いありません。

ヒットを連続していた山﨑豊子さんですが、毎回ドロドロの展開で、既に飽きられてもきています。

出典:www.google.co.jp/

松嶋さんに訴求感が不足してきたことは否めませんが、それ以上にフジテレビがオワコン状況で、今や何をしても批判される有様です。

このドラマに関しても、松嶋さんを始めとした役者陣を戦犯扱いするのは酷と言うものでしょう。

かなり宣伝した割には、同ドラマはそれほど話題になりませんでしたし、視聴者には「またフジテレビか」と言う意識があったことは間違いありません。

逆に言えば、松嶋さんや玉木宏さんなどの役者陣が揃ったからこそ、この程度でも視聴率が取れたと言う事も出来ます。

出典:http://www.fujitv.co.jp/

松嶋さんサイドとしては、今回のドラマの件ではかなり恥をかかされたと感じているようで、もしかすると今後フジテレビのドラマのオファーは受けなくなるかも知れません。

とは言え、松嶋さんもそれなりのキャリアのある女優です。

台本をもらった段階で、そのドラマがある程度ヒットするかしないかを判断することも出来ない訳ではないでしょう。

出典:www.google.co.jp/

この報道にネットでは・・・・。

・山崎豊子の原作自体がグロ、ドラマ用に書き換えるべき 

・アパレルがもてはやされたのはバブルまで。フジ終了

・事前の宣伝番組がしつこくて、それだけでもうウンザリ 

・ひと昔前の脚本をひと昔前の女優が演じてる感が強かった 

・女なんてこんなもんやろって思ってる昭和の男が活躍するドラマやったで 

・さすがウジテレビ、時代遅れ

・ スペシャルドラマで10%切れって終わってるだろ 

・TBSならもっと高かったかも 

引用元

出典:http://picssr.com/

ネットでは制作側の問題と言う声がほとんどです。

そもそも、企画自体が「山﨑豊子ありき」と言う意識が強過ぎて、「面白いものを作る」、「オリジナリティのあるものを提示する」と言う考えが薄過ぎるのが敗因でしょう。

松嶋菜々子が出演し続ける事情とは?

出典:http://picssr.com/

さて、そんな松嶋菜々子さんですが、今回の「女の勲章」に限らず、低視聴率に喘いでいます。

もう少し台本を選んでも良いのではないかとも思うのですが、印象的にはオファーがあれば受けると言うスタイルを貫いているようです。

松嶋さんほどのキャリアがあれば、仕事を選ぶことは出来るはずです。

低視聴率の汚名を着せられても尚、出演し続けなければならない理由とは何でしょう。

出典:http://picssr.com/

その理由は、やはり夫である反町隆史さんの稼ぎの少なさにあります。

現在、反町さんはドラマ「相棒」シリーズだけで食いつないでいる状態で、いつ水谷豊さんの気まぐれで切られるか判らない状態です。

相棒を切られてしまうと反町さんの仕事は極めてゼロに近い状態です。

反町さんに関しては、演技力にも疑問符が付きますし、役の幅も極めて狭くオールマイティーな役者とは言えません。

出典:http://picssr.com/

今となっては、なりふり構わず松嶋さんが稼いでいくしか、この夫婦に生き残っていく道はないのです。

反町さんのブレイクと言うのは、厳密に言うと無かったも同然です。

飽くまで、トレンディ系の俳優でしかなく、本格的な俳優とは言えません。

それに対して、松嶋さんは内容も役柄も様々なものにチャレンジしているので、視聴率が取れないとなっても需要はそれなりにあると言えます。

出典:http://picssr.com/

後は、どのタイミングで年齢に即した役柄へと変換していくかだけの問題です。

今後も松嶋さんはオファーを受け続けるしかなさそうですね。

まとめ

今回は松嶋菜々子がフジテレビに恨み節!主演ドラマが大コケ!出演し続ける事情とは?などの情報をお届けしました。

最近の松嶋菜々子さんは低視聴率に喘いでいます。

休業前は出演さえすれば高視聴率を取れた視聴率女王の松嶋さんも過去のものです。

これからは、どれだけ本格派女優へと転身していけるかが、活躍の大きな鍵になりそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ